パンダの名付け親になれるチャンス! 上野動物園のパンダの赤ちゃんが名前を募集しているよ〜

写真拡大

2017年6月12日に上野動物園で誕生したパンダの赤ちゃんも、7月24日で生後40日に。白と黒の “パンダ模様” もしっかりと見えてきて、すくすくと順調に成長しているようです。

上野動物園公式ツイッターによれば、「誕生時に150gほどだった体重も1.6kgに増加」し、「うっすら目も開きかけて」きたのだそう。公開されるのはまだまだ先ですが、本日7月28日から名前の一般募集を開始。可愛いパンダちゃんの名付け親になれる、一大チャンスの到来ですよ〜!

【8月10日までの募集だよ〜】

パンダの赤ちゃんの性別はメス。おかあさんの名前はシンシンなので、このあたりを参考に考えてみるといいかも?

応募方法はウェブ、郵送、そして動物園に設置された応募箱からの3パターンのみで〆切は8月10日。応募は1人1回までとなっていて、同じ応募者による複数の応募は無効となります。とっておきの名前を考えて応募しましょう。

また締め切り時間などの条件は、応募方法によって異なるのでくれぐれも注意してください。

締め切りを終えたあとは、選定委員会による検討や中国との協議などを経て決定。名前は漢字をあてるなど補作・修正する場合があるとのこと。

【名前が採用されたらお披露目会に招待されるかも】

運命の発表日は、生後100日を迎える2017年9月下旬を予定。決定した名前に応募した人の中から抽選で上野動物園オリジナルグッズがもらえます。

またさらに選ばれた代表3名は、上野動物園で開催予定の「名前おひろめ会」に招待してもらえるのだそう。残念ながら、赤ちゃんがお披露目はありませんが、思い出に残る1日になること必至ですよぉ!

さてあなたなら、どんな名前をつけるでしょうか? YouTubeに公開されている動画で動く姿を観ることができるので、こちらを参考にしてみては。お子さんがいるという方は一緒に考えてみると楽しいかもしれませんね♪

そのほか、応募方法の詳細などは UENO-PANDA.jp をご確認ください!

参照元:UENO-PANDA.JP、Twitter@ UenoZooGardens、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る