すべて手作り沖縄発Bean to Barチョコレート専門店

写真拡大 (全5枚)

ここ最近、沖縄のパワーがすごいです。次々と新しいショップがオープンし、これまでとは異なる手法で島の素材や魅力を発信する人々が増えています。そんな沖縄で2014年のオープン以来、沖縄初Bean to Barチョコレート専門店として注目を集めるのが北谷にある「Timeless Chocolate」です。
すべて手作り。 カカオ本来の味が楽しめるチョコレート

「Timeless Chocolate」が普通のBean to Barチョコレートと違うのは、すべて国産サトウキビから作れた原料糖を使用しており、白砂糖は一切使用していないところ。コロンビア、ガーナ、キューバ、ベトナム産など厳選されたカカオ豆をハンドピッキングで選り分け自家焙煎し、サトウキビを加えてチョコレート作りを行っています。

すべて手作りで手間のかかる作業ではありますが、"カカオ本来の味"や"サトウキビ本来の味"を味わうチョコレートのためにどの工程もひとつひとつ丁寧に作り上げます。もちろん乳化剤や保存料などの添加物も入っていないので、子どもでも安心して食べられます。といっても子どもが食べるには本物のチョコレートはちょっと大人の味覚ですが、食に対する意識が高い人にとってはなんともうれしいチョコレート専門店と言えるのではないでしょうか。
原料の味をダイレクトに感じる

出来上がったチョコレートをひとくち口に含むと、いままで味わったことのないようなパンチの効いた食感に驚きます。白砂糖の代わりに純黒糖や島ザラメといった特徴のある砂糖を使っている事や、カカオ自体を粗挽きにしているため、クリームのようになめらかな種類のチョコレートではなく、カカオやサトウキビの味や食感をそのまま楽しむタイプのチョコレートが出来上がるのです。ワイルドで個性的なチョコレートと表現するのがいいかもしれません。店頭ではそれぞれのチョコレートのテイスティングができるので、ぜひ原材料の違いによる味や食感の違いを舌で味わってみるのがおすすめ。
自家製のミネラル豊富な黒糖も

そんなサトウキビを使ったチョコレート作りにこだわる「Timeless Chocolate」では、なんと自分たちで指定農園を立ち上げ、サトウキビやカカオの栽培も行っていて、この夏、満を持して登場したのが自家製「沖縄県産"純"黒糖」。昔から沖縄の人は黒糖をお茶受けや畑仕事のあいまにいただく習慣がありますが、様々な栄養素やミネラルが豊富な純黒糖は、お料理やお菓子作りに使うだけではもったいなく、そのまま口に放りこむのも正しい食べ方。
夏の季節にチョコレートを持ち歩くわけにはいきませんが、この「沖縄県産"純"黒糖」ならお土産にもぴったりです。そのほか、キューバ産のカカオと多良間島産の純黒糖を独自の配合で作り上げた「カカオスプリンクル」も人気の定番お土産商品。
「Timeless Chocolate」があるのは、おしゃれなお店が集まるとして地元の若者たちにも人気の美浜の海沿いに位置するデポアイランドの一角です。ドライブやショッピングの休憩にアイスチョコレートや、チョコレートを使ったスイーツをいただいても。いまの沖縄事情を知りたいならぜひ立ち寄りたいお店です。

「Timeless Chocolate」
営業時間:11:00〜19:00(年中無休)住所:沖縄県北谷町美浜9-46 Distortion Seaside Bldg 2F(American Village内,海側)TEL:098-923-2880