新ジュエリーラインが登場

写真拡大

 ドイツ発の時計・アクセサリーブランド「ポールヒューイット(PAUL HEWITT)」が、新ジェエリーライン「アンカースピリット(Anchor Spirit)」と「ノースラブ(North Love)」を発売する。7月26日から公式オンラインストアで取り扱う。
 「ポールヒューイット」は2009年に北ドイツで設立し、現在では世界中で約2,000店舗を展開。時計とブレスレットの重ね付けによるスタイリッシュな手元を提案をしている。
 新たなジュエリーラインは、ゴールドとローズゴールド、そしてシルバーの3色を展開し、女性らしい華奢なデザインが特徴。ゴールドカラーには18Kコーティングが施される。「アンカースピリット」は錨(いかり)がモチーフのネックレス(1万2,960円〜1万4,040円)とブレスレット(8,640円〜9,720円)、「ノースラブ」ではハートがモチーフのネックレス(1万2,960円〜1万4,040円)をラインナップする。
 また、取り外し可能なウオッチのベルト「パーロンベルト」シリーズ(2,700円/いずれも税込)からは、夏の新色としてヘルシーな 「ヘーゼルナッツ」や、爽やかで清涼感のある「ナイアガラ」、華やかな「オーロラ」の3色が登場。特殊なナイロン素材が採用されており、水濡れを気にせずに使用することができる。