パトリックの新作スニーカーは大人シックなニットとレザー

写真拡大 (全5枚)

こんな猛暑に秋冬のスニーカーの話?

まだ当分、サンダルでいいんだけど…と思っているアナタ。おしゃれはいつだって季節を先取り。フランスのエスプリから生まれた、おしゃれなスニーカー・パトリックから秋冬仕様のニューモデル「SUTASH(スタッシュ)」と「SANGER-ES」(サンガー・エナメルシュリンク)」が登場します。一足先に耳寄りな情報をGETしちゃいましょう!

▲「SUTASH」

ニューモデル「SUTASH」は、70年代のジョギングシューズをモチーフに “味のあるスニーカー”の復活を目指し2003年にリリースされた<スタジアム>をベースにしたニューモデルです。今回は、なんと国産のニット編込み機で織られたメッシュ素材にラメ糸を絡ませ、高級感を演出。保温性・伸縮性に優れたシックなカラーが、個性的なおしゃれを印象づけます。

ブラック、シルバー、カーキの3色展開。サイズ:35〜45(22.5cm〜28.0cm) 素材:ナイロン×ベロア  価格は1万4500円(税別)です。

▲「SUNGER-ES」

メッシュ素材の「SUTASH」とは趣きが異なるベーシックなデザインと落ち着いたカラーリングが特徴のレザースニーカー「SUNGER-ES」はSANGERの素材提案モデル。イタリア産のゴートレザー(山羊)にシュリンク加工を施し、その上からエナメルを貼ったレザー素材を使用しています。

高級感があり、色の濃淡が楽しめる1足です。グレー、カーキ、パープルの3色展開。サイズ:35〜45(22.5cm〜28.0cm) 素材:ゴートレザー(山羊) 価格は1万9000(税別)。いずれも9月より全国のパトリック正規取扱店において発売が開始されます。

>> パトリック

 

(文/&GP編集部)