米倉涼子

写真拡大

28日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、米倉涼子が、「視聴率女王」と呼ばれることへの本音を明かした。

番組にゲスト出演した米倉は、様々なトークを繰り広げた。その中で有働由美子アナウンサーが、米倉は「視聴率女王」と呼ばれるのを嫌っていると紹介していた。

米倉は、まず「お願いします、もう!」と「視聴率女王」とは呼ばないでほしいと一言。理由は「決してそうじゃない(視聴率が高くない)ときのほうが多い」からだと明かし、困惑した表情をみせる。

さらに「視聴率女王」という呼称が、「遊ばれてますね、完全に」「複雑ですね」と不本意であるのだとか。米倉曰く、視聴率に対する世の中の意識が「過剰になってませんか?」とし、昔と比べて過敏になっているというのだ。

視聴率に対して、米倉は「次はわからないよ」という思いを常に抱いているそうで、ドラマ撮影のモチベーションは「現場がよければ」いいと思っているそうだ。V6・井ノ原快彦が、オンエアされるころには撮影がすべて終わっている状況だと指摘すると、米倉も「(ドラマの撮影は)終わっていることなので」、自分にはどうにもできないことだとも語っていた。

【関連記事】
米倉涼子が自身の現状に本音「どっちかというと、落ちぶれてる」
「あさイチ」の悪ふざけに井ノ原快彦らが謝罪 MC降板を信じた視聴者からFAXが殺到
水道橋博士がドラマのギャラに提案「視聴率に対して払うようにする」