画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●どんな仕組み? 活用法は?

株式を毎月コツコツと積み立てる「るいとう」という投資方法をご存知でしょうか。1万円という少額から投資可能など、初心者が始めやすいさまざまなメリットがあります。今回は、「るいとう」の仕組みや活用法、メリット、注意点などを紹介していきましょう。

○「るいとう」ってどんな仕組み?

「るいとう」とは、正式には「株式累積投資」といい、毎月一定額で株式を買い続けていく株式投資の方法です。1銘柄につき1万円以上1,000円単位かつ、月間100万円に満たない範囲で自由に設定することが可能です。同じ銘柄の株式を、毎月コツコツと積み立てて増やしていくイメージですね。

通常の株式投資(単元株取引)では、一度に取引できる売買単位として、銘柄ごとに「単元株」が決められています。たとえば、ある銘柄の株価が1,500円で単元株が100株の場合、「株価1,500円×単元株100株」となり、最低でも15万円の資金が必要となります。しかし、「るいとう」なら、1万円から購入可能なため、余裕資金で気軽に買い付けていくことができるのです。「欲しい銘柄があるけれど、いきなりまとまった資金で購入するのは難しい」という場合にピッタリの方法です。

○どのように活用できる?

「るいとう」は、手に入れたい銘柄が通常の取引では高額になってしまう場合、毎月少額ずつ買い増ししていくことができます。たとえば、Aという銘柄の株価が1,000円で単元株が100株の場合、通常の取引では最低10万円の資金が要ります。この銘柄を「るいとう」で、毎月1万円ずつ購入していくと、10カ月で単元株まで到達することができます(単元株までの年月は同じ株価が継続したと仮定。手数料は考慮しない)。単元株数に達すると、株主になり、株主優待を受けることができます。

なお、「るいとう」では、単元株未満であっても、保有株数に応じた配当金が配分され、買い付けている同じ銘柄に自動的に再投資されます。株主優待は、換金できるものについては換金され、こちらも保有株数に応じた金額が再投資されます。

また、「るいとう」で株式を購入した場合、株式の名義人は証券会社の「株式累積投資共同買い付け口」名義となります。そのため、株主としての権利の行使は証券会社が行うこととなり、購入者は議決権の行使について証券会社に対して指図することはできません。持ち分が単元株に達した時点で、名義は購入者のものとなり、議決権などの株主の権利を有するようになります。

このように、欲しい銘柄の株式を購入するために無理をしなくても、時間をかけて買い増ししていくことで、単元株の取得を目指すことができるのです。

※画像と本文は関係ありません

●メリットと注意点

○「るいとう」のメリットとは

毎月1万円という少額から憧れの銘柄を購入し、株主を目指せる「るいとう」。そんな「るいとう」のメリットは、毎月一定額の買い付けを行うことで、株価が安い時にはたくさんの株数を購入し、反対に、株価が高い時には少しの株数を購入することで、結果として、平均買い付けコストを下げる効果が得られます。これは、「ドルコスト平均法」と呼ばれる運用方法の1つです。単元株で取引する時のように、株価の変動に一喜一憂することがないため、特に、投資に慣れていない初心者に向いているでしょう。

それに、1つの銘柄に対して少額から積み立てられるため、異なる業種や、国内または海外を主対象としている企業の銘柄を組み合わせるなど、複数の銘柄に分散投資することで、リスクの分散を図ることもできます。

また、「るいとう」ははじめに毎月の積立額を設定すれば、あとは自動的に株式の買い付けが行われます。投資のタイミングをなかなか決められない、忙しくて投資に使える時間があまりないという人でも始められるのが、嬉しいポイントですね。

○「るいとう」の注意事項

毎月、給料から一定額の積み立てを行うような感覚で投資できる「るいとう」ですが、注意点もあります。まず、「るいとう」は証券会社によって取り扱う銘柄が異なります。利用する際は、希望する銘柄があるかどうか確認してみましょう。

「るいとう」の購入は、毎月一定日の「寄り付き(相場が始まって最初に付く値段のこと)」で買い付けされます。売却はいつでも可能ですが、注文を出した日の翌営業日の寄付き値となります。通常の取引のように、希望する価格で売買を行う指し値での注文はできませんので、気を付けましょう。

また、口座管理料がかかる場合がある点にも、注意が必要です。口座管理料が無料の証券会社もありますが、年間3,000円程度かかるところもあり、その場合、積立額に対しての手数料が割高になることが考えられます。口座を開設する前に、証券会社の手数料をチェックしてみましょう。

毎月の積立額が少額の「るいとう」は、投資初心者のほか、投資に回せる資金が少ない若い世代には、特におすすめです。欲しい銘柄があるけど、購入資金が高い…… と悩んでいるなら、「るいとう」を始めてみてはいかがでしょうか。

※画像と本文は関係ありません

筆者プロフィール:武藤貴子

ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント

会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。FP Cafe登録FP。