2017年8月4日(金)にFabCafe Tokyoにて、おいしいごはんを食べながら、テクノロジーによる表現のこれからを楽しく語るイベント「ごはんとアート vol.3」が開催される。展示テーマは「Artists Experiment -アーティストの実験-」で、Visualization、Fab、Paint、Soundなど、テクノロジーを使った表現の実験的な展示となっている。

同イベントでは、現在既にアーティストとして活動をしている、またはアートな活動に興味があるエンジニア、デザイナー、ディレクターなど、垣根をこえた交流で人とのつながりをつくる。テクノロジーを使って表現する制作物を展示し、登壇という時間は設けず展示ブースに制作者が常駐していることで懇親会のような雰囲気で話せるという。参加費は2,500円(7月28日までに申し込めば2000円)、定員は100名。同イベントに作品を出展している作家は、松山周平、坪倉輝明、中農稔、杉山三、ギャル電、ムラサキユウマ&Hirofumi Minamisawa、session β(CAROL&村田裕介)。

ごはんとアート vol.3