このほど肺炎で亡くなった作曲家、平尾昌晃さん(享年79)の遺産10億円や印税を巡る親族バトル勃発の様相だ。対立しているのは、平尾さんの3度目の結婚相手である50代の元チーフマネジャーAさんと、平尾さんの息子たち。28日とされていた通夜が29日に、葬儀・告別式が30日に変更されるなど、ギクシャクしていたが、これもどちらが仕切るかで、もめた結果のようなのである。

 女性セブン最新号によると、平尾さんには資産価値2億円とされる都内の事務所兼スタジオ、数年前に都心のタワーマンション最上階に購入した物件など、計10億円もの遺産がある。そして、膨大なヒット曲を作曲したヒットメーカーだけに、その印税収入が年間2億円弱あるとの音楽業界内の声を同誌は報じている。

 民法で定められた相続では、今回の法定相続人は配偶者と子どもの折半となる。平尾さんには3人の息子がいるが、配偶者の半分は変わらず、残りを3人の子どもたちで均等に分けるようになっている。これに「ちょっと待ってよ」とばかり、平尾さんの2度目の結婚相手であった元歌手、小沢深雪との間に生まれた2人の息子が不満を漏らしているらしいのだ。

■Aさんは平尾さんの音楽事務所の役員

 この息子たちには、育ての母と慕うクラブ経営の女性がいて、自分たちの養育費などを出してもらってきた。「育ての母が法的に何も受け取る権利がないのに、元マネジャーに相続分が生じることにわだかまりがある」との不満を、兄弟の友人の話として一部スポーツ紙は伝えている。

 また著作権も事務所や会社で所有していると、配偶者や子どもたちには相続されない上、Aさんは平尾さんの音楽事務所の役員にも名を連ねているそうで、こうしたことも息子たちには不満の種となっているようだ。2014年に亡くなった歌手やしきたかじんの相続問題も、個人事務所による資産所有が、3度目の結婚相手と一人娘とのバトルの火種であった。

 さて、今回はどうなっていくのか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「息子さんたちの気持ちは分かります。自分たちの面倒を見てくれた育ての親の方が相続の対象外というのは、どうしてと思ってしまうでしょう。平尾さんが約10年前、税理士の監督のもとで書き上げたという遺言書に、その方への配慮がなされている可能性もありますが、どうでしょうか。育ての親となってくれた女性のことを今になって言うのは遅い印象がありますし、資産のこと、印税のことも含めて、平尾さんがご存命のうちにもっと話し合っておけばよかったと思われているようにも見えます。素晴らしいヒット曲の数々も、親族で財団をつくって皆で管理したいというお考えがあるそうですけど、そうご本人に伝えていたのでしょうか。そのあたりのコミュニケーションをきちんと取っていれば、今回のような不満を持つことはなかったのではないでしょうか」

 親孝行したいときに親はなしというが、相続話も元気なうちにしておくべし、か。