「ふなっしー」をディスった古舘伊知郎と坂上忍に非難轟々!

写真拡大

 千葉県船橋市の非公認マスコットキャラクターとして人気の「ふなっしー」。以前に比べブームは落ち着いてきたものの、7月4日の1879回目の誕生日には、ファンから1500件余りもの祝福のメッセージが寄せられた。さらにはリカちゃん人形とコラボして「ふなっしー×リカちゃん」ドールを発売することも発表。27日から公式ウェブショップで先行予約を開始し、ふなっしーランド各店舗でも、9月上旬から取り扱う予定だという。まだまだやる気満々のふなっしーだが、そんな彼をディスったとして、2人のタレントに非難の声が上がっている。

 きっかけは20日放送の『バイキング』(フジテレビ系)。上西小百合議員の話題になった時、古舘伊知郎が「この人、公人だと『なんなんだよ!』ってなっちゃうけど、ゆるキャラだと思ったらどうですか?」と、持論を展開。続けて古舘は、控室が隣同士だったことがあり、その時ふなっしーが「楽屋ないのかよ!」とキツめに個人部屋を要求したことを暴露。MCの坂上忍も「確かに僕らの中でもね、結構ふなっしーね、きつめのキャラクターでちょっと有名」と同意した。これを見ていたふなっしーファンから、2人への非難コメントが瞬く間にツイッターにアップされたのだ。

「ふなっしーを大切に思っている私はとても傷付いた(中略)古舘伊知郎は人を傷つけてまであの発言をする必要があったのだろうか」「古舘伊知郎もう番組に出さないでください」「コメンテーターって司会って何?(中略)無関係な者へ一方的な攻撃だ」などとちょっとした炎上状態に。

「一時の人気は衰えたものの、まだまだ根強いふなっしーファンはたくさんいる。今月の28日からは全国4カ所を回るツアーも始まります。ファンにとっては好きなアイドルやアーティストにケチを付けられたのと同じ感覚でしょう」(芸能記者)

 と言う声がある一方で、こんな見方もある。

「リカちゃんとのコラボとなれば失敗はできない。一時期のピークは過ぎたので、ネガティブなネタでも話題になってナンボです。今回の話の展開を見ても多少強引さが見受けられるので、古舘と坂上はそのあたりの事情を含みおいた上で、発言しているのかもしれません」(放送作家)

 どちらにせよ、番組で話題になったことで、注目を集めたことは違いないようだ。