製作を務めるのはジェイソン・ブラム (C)2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved

写真拡大

 「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや「ザ・ギフト」「スプリット」を手がける敏腕プロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作を務めたスマッシュヒット作「ゲット・アウト」のポスターと場面写真が、一挙公開された。

 アメリカのお笑いコンビ“キー&ピール”のジョーダン・ピールが監督デビューを果たし、全米週末興行ランキング初登場第1位、全世界興行収入2億5200万ドル超、米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では99%(7月26日時点)を獲得と熱狂をもって迎えられたスリラー。

 ニューヨークに暮らす黒人の写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)は、白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招待される。謎めいた黒人の使用人、庭を猛スピードで走り去る管理人、パーティに招待されたのは白人ばかりという状況に違和感を覚えるクリスは、ある黒人の若者を撮影した瞬間に急に襲いかかられ、恐怖のあまりローズと共に実家から逃げ出そうとする。

 ポスターでは、クリスが恐怖におののき、ソファに爪を立てるさまが切り取られている。背後にはローズの家族をはじめとする怪しげなキャラクターがずらりと並び、「何かがおかしい」というキャッチコピーが不穏な空気をかもし出している。場面写真では、クリスを後ろからじっと見つめる白人たち、運転中に驚きの表情を浮かべるクリスとローズ、薄暗い部屋で狂気の表情を浮かべるローズの両親、満面の笑みで涙を流す家政婦、謎めいた管理人、鼻血を流し、うつろな目をする若者、暗闇に飲まれるクリスといった見る者に恐怖を与えるシーンが切り取られている。

 「ゲット・アウト」は、10月27日から東京・TOHOシネマズシャンテほかで全国公開。