iPhone 8はワイヤレス充電に対応すると噂されていますが、その充電に欠かせない部品とされるものの写真が『SLASHLEAKS』に投稿されました。

Lightningポート搭載のワイヤレス充電用パーツ

部品の中央には、ワイヤレス充電を可能にする電磁誘導コイルを搭載。基板の左端にはポートも搭載されています。

このポートについて『AppleInsider』は、8つのピンを搭載したコネクタを接続することを想定している、と指摘。USB-CやUSB 3.0とは異なることから、Lightningポートではないかと推測しています。

これがLightningポートだと仮定した場合、そこから推測される基板の幅は最大で約6センチ、高さは約10センチなので、噂されているiPhone 8に内蔵できるサイズだ、とAppleInsiderは報じています。

一方で、給電にLightningポートを採用したワイヤレス充電器である可能性も指摘しています。これがApple純正のものなのか、他社製のものなのかは不明です。

さらにAppleInsiderは、これがLightningポートである場合、コネクタを固定するラッチ(掛け金)がこれまでとは異なる形で搭載されている点も指摘。Lightningポートであることに変わりはありませんが、固定方法に変更が施されるようです。

「Appleの部品ではない」との指摘も

iPhone 8に関する未確認情報を『Twitter』に投稿している@VenyaGeskin1は、この写真を挙げて「Appleの部品ではない」と指摘しています。

ただし、そう断言する根拠については説明がないため、同氏の指摘がどこまで正確なのかは分かっていません。

AppleInsiderが指摘する通り、Appleと協力してアクセサリを開発している企業が製造するワイヤレス充電スタンドの部品かもしれません。

参考

Leaked part could show Apple's 'iPhone 8' wireless charging coil assembly - AppleInsiderLeaked iPhone 8 wireless charging module « SLASHLEAKS@VenyaGeskin1 - Twitter