鉄道KING Vol.1「新幹線は世界ナンバーワン!」に続く第二弾、Vol.2の特集は「通勤電車はスゴイ!」

鉄道が好きな子どもたちの「なぜ?」「どうなってるの?」という好奇心や探究心、「もっと知りたい」という知的欲求に応えるため、鉄道運行の仕組みや、仕事の現場、舞台裏までクローズアップするなど大人目線の情報をわかりやすく届ける、今までになかった、知って、学んで、考えて、楽しめる鉄道入門誌『鉄道KING』。創刊号に続きVol.2も面白そうです。

通勤電車はスゴイ!山手線のE235系

JR西日本環状線323系

E233系(製造3217両)が0系新幹線(3216両)を抜いて、103系(3447両)も追い抜く日は近い?!

山手線550両を管理する「東京総合車両センター」潜入取材

複数の鉄道会社間の相互直通運転を解説します。東京・大阪・名古屋の相互直通MAPでわかりやすく説明するとともに、運行距離をランキング化しています。

マニア以外には見分けがつきにくい阪急電車10車種のカタログも!

子どもたちの夏の冒険なら、こんな鉄道旅へ。東京駅から人気ビューポイントで電車を見て、埼玉県さいたま市の鉄道博物館へと向かう、旅のプランを紹介。

同じテーマでもまとめかたで差がつく、自由研究づくりのポイントを解説。これで夏休みの宿題も、バッチリに!

さらに誌面にQRコードを掲載し、通勤電車が走り抜けるVR動画と連動。臨場感あふれる鉄道シーンとともに楽しめる雑誌へと進化しています。https://www.youtube.com/watch?v=I-m2XGpFCKI&feature=youtu.be

付録は、左右73僉濺恵25僂瞭誕臚本鉄道地図。乗ったことのある路線に色を塗って楽しめるぬりつぶし地図です。めざせ鉄道完乗!? この付録はいいなぁ。子ども時代から芯の通った乗り鉄養成グッズですね。

2017年7月27日(木)発売。定価780円(税込)です。

鉄道に興味のあるお子さんには読ませたい雑誌です。親が読んでも楽しめそうですよ。