画像提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントの眞鍋かをりが、28日放送のTBS系情報番組『ビビット』(毎週月〜金8:00〜9:55)で、『週刊新潮』が報じた今井絵理子参院議員と神戸市議の橋本健氏の不倫疑惑について言及した。

眞鍋は、2人の「一線は越えていない」という主張について、「一線を越えてなければセーフみたいな考え方はアイドル」と意見。「芸能人だったらありだったのかもしれないですけど、政治家さんの一線情報はどうでもいい。だらしなく見えてしまったというのが…見え方を気にしないというところが問題だったと思う」と指摘し、「そのところでいうと、議員としての資質を問われてもしょうがない」との考えを示した。

眞鍋の発言に、真矢ミキは「おっしゃるとおりですよ」と同調。さらに、「小さい頃に『AはいいけどBはダメよ』って、懐かしのあのパターンを聞いたような…」と言い、「これが政治家じゃなかったらどちらでもいいんじゃないですか、あとは奥さんとの問題で、と思いますけど」と話した。