米下院、18年度の国防費拡大を承認 国境の「壁」予算計上

写真拡大

[ワシントン 27日 ロイター] - 米議会下院は27日、2018会計年度(17年10月ー18年9月)の国防予算を680億ドル増額して6581億ドルとすることを承認した。

この中には、トランプ米大統領の選挙公約のひとつであるメキシコとの国境に壁を建設するための初期費用16億ドルも盛り込まれている。

国防予算の増額幅は、トランプ大統領が予算案で提示した184億ドルを上回る。賛成は235票、反対は192票だった。

民主党は壁建設費用への反対姿勢を何度も示しており、上院でこの予算を否決する可能性が高い。さらに、多くの共和党議員も壁建設の実現可能性を疑問視している。

壁の建設費用は最終的には210億ドルを上回る可能性がある。