ドイツ・ハンブルクで開催されたG20首脳会議に合わせ会談したドナルド・トランプ米大統領(右)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領(2017年7月7日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米議会上院は27日、ロシアとイラン、北朝鮮に対する超党派の制裁強化法案を圧倒的な賛成多数で可決した。法案はドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の元に送られ、ロシアに対する米議会の強硬姿勢を受け入れるか、それとも拒否権を発動するかを決めることになる。

 採決結果は賛成98、反対2だった。法案は25日に下院でも可決されている。ロシアの反発は必至で、経済面での予期しない悪影響を懸念する欧州諸国の反感も買いそうだ。
【翻訳編集】AFPBB News