「007」最新作の監督候補、最有力の3人

写真拡大

ドゥニ・ヴィルヌーヴ、ヤン・ドマンジュ、デヴィッド・マッケンジーらが、「007」シリーズ最新作の監督候補に挙がっているようだ。

7月24日に、2019年11月の公開が発表されたシリーズ第25弾の詳細については、いまだに多くがベールに包まれているが、この3監督が最有力候補になっているとみられている。

デッドラインによると、ヴィルヌーヴ、ドマンジュ、マッケンジーは製作会社とすでにミーティングの機会をもうけたという。

その一方で「ダンケルク」の海外公開が始まったクリストファー・ノーランや、「ベイビー・ドライバー」の日本公開を8月19日に控えるエドガー・ライトも同様に有力視されているようだ。

また、「007 スカイフォール」「007 スペクター」で監督を務めたサム・メンデスは、その座を離れることが決定している。

ヴィルヌーヴはアカデミー賞作品賞の候補にも挙がった「メッセージ」をはじめ、海外で10月から公開が始まる「ブレードランナー 2049」など話題作に事欠かず、ドマンジュはジャック・オコンネル主演作「71」やマシュー・マコノヒー主演作「ホワイト・ボーイ・リック」の監督としても知られている。マッケンジーは「最後の追跡」で今年度のアカデミー賞で作品賞にノミネートされたことも記憶に新しく、今後にはスコットランド王ロバート1世をテーマにした「アウトロー・キング」も控えている。

シリーズ最新作の主役には、前4作でジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグの続投が見込まれている。