画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・KAT-TUNの中丸雄一が、8月6日に放送される日本テレビ系情報番組『シューイチ』(毎週日曜7:30〜)で、ジャーナリストの池上彰氏とともに、「原爆の日」を迎える広島から出演する。

この日の番組では「原爆の日特別企画」を放送。戦争を知らない若い世代にも原爆の記憶を伝え、原爆が投下された8時15分に、広島から中丸と池上氏が生中継で出演する。

中丸は、特別に許可を得て、原爆ドームの内部を取材し、足元に散乱する瓦礫などから、外から見ただけでは分からない原爆の爪痕を目の当たりに。また、爆心地から350mにある本川小学校では、6年生が1年生に対して行う平和教育の授業に参加し、子どもたちと一緒に、平和の願いを込めた灯篭作りを行う。

さらに、今も残る被爆建物である旧・陸軍被服支廠で被爆者の女性(87歳)に、戦争体験を取材。女性は「聞いてくれてうれしい」と中丸の手を握り、若い世代にこの体験を語り継いでいくという願いを託した。

『シューイチ』の関プロデューサーは「72年たっても変わらないもの、一方で変わる(変わっていく)もの、ということをテーマに中丸さんに取材してもらいました。中丸さんが取材した中で何を感じ、何を伝えていきたいと思ったか…。また、池上さんとの生中継でどういう感想を持つのか…。通常の『シューイチ』とは違った放送をぜひご覧いただきたいと思っています」と呼びかけた。

また、池上氏は「去年はアメリカのオバマ大統領が広島を訪問し、核兵器廃絶への国際的な機運が高まりましたが、トランプ大統領に代わり、北朝鮮が核開発を進めるなど、国際情勢は激変してしまいました。だからこそ、私たちは被曝被爆の惨状をしっかり伝えていく責任があると思います」と話している。