日本人の平均寿命男女とも過去最高 女性は87.14歳、男性が80.98歳

写真拡大

2016年の日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.98歳となり、いずれも過去最高を更新した。女性は2年連続の世界2位、男性も前年の4位から2位に上がった。

厚生労働省が2017年7月27日に発表した2016年(平成28年)「簡易生命表」で分かった。

簡易生命表は、2016年の1年間の死亡状況から、各年齢の人が1年以内に死亡する確率やあと何年生きられるか(平均余命)を計算したもの。だから平均寿命は0歳児の平均余命だ。2016年簡易生命表によると、女性は前年に比べて0.15歳、男性は0.23歳延びた。厚生労働省が調査した50か国・地域の中では、トップは男女とも香港で、女性87.34歳、男性81.32歳だった。

平均寿命は、調査を始めた終戦直後の1947年に女性53.96歳、男性50.06歳だったから、この69年間で女性が33.18歳、男性が30.92歳延びたことになる。