冷酒と新鮮な魚介で暑気払い 中目黒でぐいっと立ち飲みしてみる?

写真拡大 (全3枚)

 冷酒と新鮮な魚介の組み合わせって、なんとも涼やかな響き。暑さでめいった気持ちを元気にしてくれそうだ。魚と日本酒を気軽に楽しめる立ち飲みイベントが、おしゃれな魚屋さん「サカナバッカ中目黒」で8月5日(土)、6日(日)の2日間限定で開催される(11:00-18:30)。サカナバッカは、鮮魚の小売だけでなく、魚さばき方教室やケータリングサービスなど魚に関するいろいろなサービスを提供する話題のお店だ。

 オリジナルの日本酒を企画・販売する日本酒応援団(東京)と、ITを使った水産流通のプラットフォームを構築・提供するフーディソン(東京)による合同イベント。日本酒応援団が販売する島根・石川・大分の3地域の生酒に、その土地で水揚げされる新鮮な魚介をセットにして、立ち飲みスタイルで提供する。

 メニュー例は、島根「KAKEYA純米」&「どんちっちアジのなめろう」、石川「NOTO純米大吟醸」&「へしこづくし」、大分「KUNISAKI別格純米」&「岩牡蠣」など(仕入れ状況により変更あり)。16時からの「ハッピーアワー」には、キンキンに冷えたフルーティーな埼玉「AGEO純米大吟醸」の日本酒ハイボールが1人1杯限定で無料で提供される(なくなり次第終了)。