画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●メガネにつけるウェアラブルカメラ

スポーツを楽しみながら、あるいは車や自転車を走らせながら撮影できるアクションカメラやウェアラブルカメラは、これまでにエレクトロニクス系、カメラ系のブランドから数多く登場している。そんな中、「ウィンクでシャッターを切る」という一風変わったウェアラブルカメラが誕生した。日本のベンチャー企業が開発した「BLINCAM (ブリンカム)」だ。

今回レポートするBLINCAMは、筆者がクラウドファンディングサイトの「Makuake」で見つけて自腹で購入したものだ。ちなみに、筆者はマリンスポーツやサイクリングを頻繁に楽しむようなアウトドア派ではない。それでも購入に至ったのは、何より「ウィンク」による操作を体験してみたかったからだ。また、メガネのテンプルに工具を使わず簡単に装着でき、日常のシーンをブックマークするという、気軽さを追求したコンセプトにも興味をひかれた。

BLINCAMは最大5MPまでの静止画撮影に対応しており、特許出願中の「ウィンクセンサー」でシャッターを操作する。ウィンクセンサーの仕組みは詳細が明らかにされていないが、まぶたの動きではなく、ウィンクした時にこめかみにシワを寄せる筋肉の動きを検知しているようだ。ウィンクが苦手な人も、両目をしっかりと閉じる動作でセンサーが反応してくれるので安心。通常のまばたきで毎度反応しないよう、アルゴリズムもチューニングされている。また、本体には1.5時間の連続使用に対応するUSB充電式のバッテリーを内蔵する。

BLINCAMは日常のワンシーンを静止画でクリップすることをコンセプトにしているため、動画撮影は行えない。専用アプリ「BLINCAM」をインストールしたスマホをBluetoothでペアリングすると、静止画を撮るたびデータがアプリに一時的にキャッシュされる。ユーザーはプレビューを見ながら写真データの保存や削除、SNSへのアップロードなどを操作可能。また、写真をシングルタップすると、写真に日付を入れて簡易なエフェクトをかけられる。

BLINCAMを装着するメガネは、テンプルの形状がなるべくストレートであることが条件になるが、度が入った普段使いのものでもサングラスでも構わない。付属するラバー製のアタッチメントを交換すれば、テンプルの幅に合わせて着け心地をアレンジできる。ただし、カメラを装着できるのは右側のみで、左側には対応しない。筆者の場合、ウィンクはどちらかと言えば左目の方が得意なので、左右どちらにも装着できるデザインを採用してほしかった。

カメラをテンプルに乗せるように装着するため、着脱はとてもスムーズにできる。重さもわずか25gなので、身に着けていて重さを感じることはほとんどない。ただ軽快である反面、頭を激しく動かすとカメラの位置がずれたり、場合によっては落下する心配もあるので、スポーツをしながらBLINCAMを使うのであれば、固定するためのバンドなどを自分で調達する必要がある。

●ウィンクしまくる、撮りまくる

BLINCAMを身に着けた状態だと、カメラのモニターのようにプレビュー画面を映せるものがない。とにかく被写体の方向にカメラ=顔を向けて、ウィンクしながら写真を撮りまくってみた。

ウィンクによる操作が認識されると「パシャ」という電子音が聞こえる。カフェやレストランで料理を撮影する時などもシャッター音で周囲に迷惑をかけないよう注意したい。言うまでもないが、隠し撮りに使うのは御法度だ。

被写体は手前から奥までピントがだいたい合うように設定されているので、フォーカス合わせなどを気にせず撮れる。レンズの画角もとりわけワイドではないので、確実に被写体をフレームに収めるなら、一歩引き気味で撮影するのがコツと言えるかもしれない。そして、写真のアスペクト比は1:1 (正方形)になる。動きブレ補正やフラッシュも付いていないので、少し暗い場所での撮影にはあまり向かず、明るい日中や室内での撮影の方が得意であるようだ。

雨の日に近所の公園で水浴びをするハトに出会ったので、視線=カメラを向けてウィンクでパチリ。いい感じで羽をバタつかせている瞬間を撮れたものの、いかんせん被写体が小さい。もう一歩前へ! と近づいてみたところ、残念ながら飛び去ってしまった。無警戒な動物の表情を撮るためには、被写体の距離感とシャッターのタイミングを図るテクニックを身に着ける必要がありそうだ。ペットを飼っている人は、普通のカメラと同じく、なるべくペットに近づいたほうがいい写真が撮れると思う。

さらに、夜にドライブしながら助手席に乗ってBLINCAMを試してみた。やはり暗いところだと被写体がぶれてしまうのでシビアな撮影には向かないが、光が流れるような疾走感のある写真が撮れたので、これはこれで楽しかった。自転車に乗って風景を流し撮りしても面白い写真が撮れた。また料理しながらレシピ用の写真を撮る時などにも、汚れた手でカメラに触れなくてもよいのが便利だ。

●撮影がうまくいかないときも

時々、ウィンクセンサーによるシャッター操作がうまくいかないこともあった。メーカーのWebサイトのFAQで原因を調べてみると、そもそもウィンクセンサーの仕組みに関係がありそうだ。前述したとおり、筋肉の動きを検知するセンサーが組み込まれていると思われるが、光学センサーは見当たらなかったので、それ以外のセンサーのようなもので微細な動きを拾っているのかもしれない。そのためか、耳にBLINCAMの本体が乗ったり触れている状態だと、筋肉の動きが正しく認識されない場合がある。

筆者は右側の耳が少し大きいので、BLINCAMに触れてしまうことがある。そのため静かに座って撮影しているとうまく動作するのだが、歩きながら、あるいは車に乗っている状態だと徐々に位置がずれてウィンクを正しく検知しないことがあるのかもしれない。メーカーのホームページでは、誤認識を繰り返すようであれば本体を再起動するよう推奨している。

基本の撮影ポジションは、メガネに装着してウィンクで操作ということになるが、もし自撮りに使いたい場合は、本体を自分の方に向けて、電源ボタンを短くクリックすればシャッターが切れる。集合写真など画角をシビアに決めて撮りたい時のために、スマホにプレビュー画面を映しながらシャッターを切れたり、セルフタイマーを設定できたりすれば、ますます使いやすくなるだろう。

***

使ってみると荒削りな部分も見えてくるが、使い勝手はアプリのアップデートなどによりブラッシュアップできるはずだ。本格的なアクションカメラは、身体にしっかりと固定する必要があり、あれこれと下準備が必要になるが、BLINCAMはメガネに軽く乗せれば日常のシーンをクリップできるので、これまで味わったことのない楽しさが見えてきた。願わくば、動画撮影や音声シャッターの搭載、さらなる小型化にチャレンジした新モデルも開発してほしいものだ。