Image: Gizmodo US


新ハードあれば、消えるハードもあり…。

2017年7月27日(日本時間では28日)、Apple(アップル)のWebサイトからiPod nanoとiPod shuffleのページが削除されました。The Vergeが確認したAppleスポークスマンの声明によれば、iPod nanoとiPod shuffleは販売が終了したそうです。

これらの製品がAppleのWebサイトから消えたことを最初に報じたのは、海外サイトのMacRumors。現行製品のラインアップからプロダクトが消えるのは、販売終了するガジェットのいつもの流れです。


170728_ipod_nano_ipod_touch_discontinued.jpg
Screenshot: ギズモード・ジャパン via Apple
AppleのWebサイト、iPod Touchのみとなっている


iPod nanoとiPod shuffleは2005年から販売が開始されました。10年以上、デザインを変え、カラバリを増やしとやってきたわけですが、最近はiPhoneやiPod touchの前にその存在意義を強く見いだせないでいました。両製品の最後のアップデートは、iPod shuffleが2010年で、iPod nanoが2012年。いずれ引退することは既定路線だったのかもしれません。

そういえば、iPod Classicの販売が終了したのは2014年。iPodは徐々にその役目を終えようとしているのかもしれませんね。


Image: Gizmodo US, ギズモード・ジャパン via Apple
Source: Apple, The Verge, MacRumors

Alejandro Alba - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)