森の中にいるみたい!緑に囲まれた一軒家カフェ・仙台「喫茶と食事 みどり」でほっこり和定食を

写真拡大 (全7枚)

仙台の郊外にこの春オープンした「喫茶と食事 みどり」。住宅街とは思えない緑豊かな景色が魅力のカフェです。ランチには、宮城県産の食材を使ったヘルシーな和定食が味わえます。食後には、手作り和風スイーツがおすすめですよ。

静かな住宅街にオープンしたカフェレストラン

仙台市営地下鉄黒松駅から徒歩5分ほど。閑静な住宅街に「喫茶と食事 みどり」はあります。

“テラスから見える木々の景色に季節の移ろいを感じながら、旬の食材で作る体にやさしい料理を味わってほしい”と、2017年4月にオープンしました。

四季を感じられるテラス

扉を開けると、壁一面の窓から周囲に広がる雑木林の鮮やかな緑が目に飛び込んできます。黒い窓枠に縁どられ、まるで一枚の風景画のようです。

テラスには、シンボルツリーの桜の木が植えられています。初夏の日差しに輝く、青々と茂った緑や、紅葉、雪景色と季節ごとの風景を楽しむことができますよ。

宮城の旬が味わえる和定食

コンセプトは「体にやさしい食事」。景色を楽しみながら、旬の食材が盛りだくさんの「季節の和定食」をいただきましょう。この日のメニューは、「銀鮭の麹焼き」がメインです。ほかに「たけのこの土佐煮」、「根菜の汁」などが並びます。ご飯は宮城県の農家から仕入れている低農薬ササニシキに雑穀をあわせたもの。使っている食材のほとんどは地元産です。

味付けは、ていねいにとった昆布やかつおの出汁と、旬の食材から出るコクで、滋味豊かな味わいになっています。

旬の食材を使うため「季節の和定食」は2週間ごとに内容が変わります。HPでメニューをチェックしてみてくださいね。

ひとつずつていねいに作られた人気のスイーツメニュー

食後には、「白玉クリームあんみつ」がおすすめです。涼やかなガラスの器に盛りつけられたあんこやアイスなどの具材は、すべて手作り。

鮮やかなグリーンが美しい抹茶アイスは、ひと口頬張ると抹茶の青々しい香りが口のなかに広がります。アイスはなめらかにとろけ、寒天はほどよい歯ごたえ。それぞれの食感の違いを楽しむことができます。

粒あんは、北海道十勝産の小豆を使用。粒感が残ったあんこは、皮もやわらかくふっくら。砂糖はきび砂糖を使い、トッピングの味わいが引き立つまろやかな甘さに仕上げています。

あんみつにぴったり!すっきり味の紅茶

「白玉クリームあんみつ」と一緒に味わってほしいのが、「うれしの紅茶」です。化学合成された農薬を使わず栽培された佐賀県産の茶葉は渋味が少なく、さらっとした飲み口で繊細なスイーツの味わいを邪魔しません。販売もしているので、おみやげに買っていく人も多いそう。

森のなかに佇むような「喫茶と食事 みどり」。おいしくてヘルシーなメニューで、心も体もほっと一息つきませんか?

ことりっぷの最新記事