Photo by cinemacafe.net

写真拡大

日本でも大人気のキャラクター、ムーミンの最新パペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』(原題:MOOMINS and the WINTER WONDERLAND)が、12月2日(土)より全国公開されることになった。
物語は、木の葉が舞い落ちる秋に始まる。知的好奇心いっぱいのムーミントロールは、友だちのスナフキンと共にムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようとお出かけ。そこで知ったのは、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。“クリスマスさん”って誰? どんな人? やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜とは…。

1945年にフィンランドの作家トーベ・ヤンソンによって発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。ムーミンはそのほのぼのとした愛らしさから、特に日本における人気はトップクラス。そのキャラクター認知度は非常に高く、20代女性においてはなんと99%(2015年10月、日本リサーチセンター調査結果より)。ムーミンとその仲間たち、それぞれに個性的なキャラクターたちが織りなす深みのあるストーリーは、小さな子どもたちから大人まで幅広い年代が楽しめる作品として不動の人気を誇っている。

そして本作は、2009年『ムーミン谷の夏まつり』、2010年『ムーミン谷の彗星』に続く、パペットアニメーションシリーズの最新作。この物語は、原作者であるトーベ・ヤンソン自ら監修し、「大好きな作品」と語っていた1978年〜82年にポーランドで製作された短編TVシリーズを、フィンランドにてデジタル・リマスター化、劇場版長編映画として完成させたもの。

しかも、映画シリーズ初となる“冬のムーミン谷”が舞台。木々にしんしんと降り積もる雪、陽の光に照らされた一面の銀世界。美しい冬景色が、ムーミンの世界観をいっそう引き立てている。さらに今年12月6日は、ムーミンを生んだフィンランドの独立100周年。そのメモリアル・イヤーを飾るにふさわしいスペシャルな、クリスマス・シーズンに最もぴったりな1本となりそうだ。

『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は12月2日(土)より丸の内TOEIほか全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
ムーミンの世界を体験できる施設「メッツァ」、2019 年春にグランドオープン!
マライア・キャリー、有名クリスマスソングが“アニメ映画”に!
北欧スウェーデンで空前のヒット作!『幸せなひとりぼっち』Blu-ray&DVD発売決定
【D23】『アナと雪の女王』続編、ただいま北欧で絶賛“リサーチ”中!
【予告編】北欧アイスランドから届いた少年たちの友情、初恋…『ハートストーン』