計量をクリアした鄒市明(左)と木村翔

写真拡大

 ◇WBO世界フライ級タイトルマッチ 王者・鄒市明≪12回戦≫同級6位・木村 翔(2017年7月28日 中国・上海オリエンタルスポーツセンター)

 WBO世界フライ級タイトルマッチの前日計量が27日に上海市内のホテルで行われ、世界初挑戦の木村翔(28=青木)は50・5キロ、初防衛戦の王者・鄒市明(36=中国)は50・7キロで一発パスした。

 デビュー5年目でチャンスをつかんだ木村は「計量は予定どおりうまくいった。あとは試合で全力を尽くし、世界タイトルを持ち帰る」と宣言。五輪2大会連続金メダリストの技巧派王者に対して前半から仕掛ける予定で、「明日は研究した相手の弱点を突くことを実行して、周囲を驚かす」と話した。