「世界」の中田英寿がFIFA公式サイトに登場 「サッカーが恋しいと思う時もある」

写真拡大

全て流ちょうな英語で回答、日韓W杯は「責任感を覚えていました」

 元日本代表MF中田英寿氏は、2006年の引退から11年の時を経ても世界のサッカー界で名の知られた存在のようだ。

 FIFA公式サイトのインタビューに答え、その様子をスペイン語版が特集している。

 中田氏のインタビューの様子はYouTubeの公式チャンネルでも配信。イタリアやイングランドでプレーしたキャリアを生かし、全て流ちょうな英語で答えている。

 日本での人気スポーツが野球であることに触れた中田氏が、サッカーを始めるにあたっては世界中で愛される人気漫画「キャプテン翼」がきっかけだったというエピソードも披露した。

 また、自身の現役時代に関しては、日本開催でベスト8進出した1993年のU-17ワールドカップ(W杯)のプレー映像も流され、自身にとっても日本にとっても初となる1998年フランスW杯については「アウェイではなく、まるでホームゲームのようでした」、そして自国開催の2002年日韓W杯では「責任感を覚えていました」とその熱狂ぶりを懐かしそうに語っている。

引退後もいまだに世界的な影響力は絶大

 さらにインタビューでは、「今では世界中のどこでも日本人選手が在籍してますが、僕の時代にはほぼいなかった」とも触れ、時代の移り変わりを感じている様子だった。

 記事の最後では、現在中田氏が日本酒をはじめとした日本文化を幅広く伝える役割を果たしていることに触れつつも、「サッカーが恋しいと思う時もありますよ」と話したとも記している。

 1990年代後半から2000年代中盤の日本サッカーの“アイコン”として君臨した司令塔は、いまだに世界的な影響力が大きいようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】FIFAが公式ツイッターに紹介した「日本のレジェンド」中田英寿の最新カット

https://twitter.com/FIFAcom/status/889881682123292673

FIFAが公式ツイッターに紹介した「日本のレジェンド」中田英寿の最新カット