姫島村に太古の昔から間断なく湧き出る拍子水。湧水は飲用することができる(より)


経営力がまぶしい日本の市町村50選(48)

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

神話の島の神秘

 大分県姫島村は瀬戸内海の西端、大分県国東半島の北5キロの周防灘海域に位置する総面積6.98平方キロの一島一村の離島である。

 人口は約1900人(2017年5月)。古事記によるとイザナギノミコトとイザナミノミコトが国生みの時に大島を生み、次に女島を生むとあり、その女島が姫島で、またの名を天一根(あまのひとつね)という。

 また、村長選は1955年に投票が行われたのを最後に、1957年から2012年まで16回連続して無投票当選となっており、自治体の首長選としては全国で最多である。

 この背景には、人口2000人程度の小さな自治体で他に人材がいないという現状のもと、港湾整備やクルマエビ養殖事業、ワークシェアリングの推進などで強力なリーダーシップを発揮した経済政策や、漁礁整備などの漁業振興政策で評価を受けているからとも言われている。

 かつての日本の離島は、地域における歴史や伝統、文化などが継承され、独特の風土が残されてきたが、現在では少子高齢化、過疎化、市町村合併、都市型居住へのシフトなどにより、島離れ、後継者不足などの問題が深刻である。

 そんななか、姫島村では市町村合併を行わずに独自の方法で一島一村として存続しており、そのための様々な取組みがなされている。

地域包括ケアと要介護認定率11.6%

 姫島村の高齢化率はおおよそ35%だが、要介護認定率は11.6%と極めて低い(2015年)。

 その要因として、まず1日の歩数が、65〜74歳で男性8058歩(全国6703歩)、女性8516歩(同5,705歩)と全国値よりも多く、身体活動時間も厚生労働省の目標値である40分/日を大きく上回っていることが挙げられる。

 また自転車を毎日利用する人の割合は男性32.8%、女性63.9%で、全国値(10〜35%)と比べると特に女性で高い。

 要するに、1日の歩数が多く、自転車利用頻度が高く、身体活動時間(家事、農作業など)も長く、これらが歩行能力を高く維持し、活動範囲を広め、社会参加やコミュニケーションが増して孤立を防ぎ、認知機能や運動機能の低下を予防しているというのが健康寿命延伸の一因と推測される。

 歩行数や外出回数が多いのは、自家菜園で畑仕事をしたり、近所づき合いが活発なことが要因とみられる。島の面積が広過ぎず起伏が少ないことも、自転車を利用する機会を増やしていると考えられ、筋力維持に適切な運動が自然になされている。

 姫島村健康推進課は「島民同士が顔見知りで家族のようなつき合いをしている。社会参加やコミュニケーションの機会が多いことが高齢者の孤立を防いでいる」と話す。

 これに加え、3人の医師が常駐する立派な診療所がある点も注目に値する。

 「姫島方式」として高い評価を受けている、姫島村の保健・医療・福祉の連携「地域包括ケア」は、国保診療所を核として行い、1次医療だけでなく、保健予防活動を積極的に行ってきた。

 同時に、高齢化社会に対応して「寝たきりゼロ」を目標に、訪問看護、在宅入浴サービスなどの在宅ケアにも取り組み、1991年には、全国で最初の高齢者生活福祉センター「姫寿苑」を診療所に隣接して建設。

 この施設の居住部門は、24時間体制で日常生活の介護、援助、食事の提供など、ミニ特養的な運営を行い、ここを拠点にホームヘルパーが活動し、在宅介護サービスの中心にもなっている。

 高齢者の生きがい対策についても、老人憩いの家「白寿苑」を拠点とした老人クラブ活動への支援、高齢者教室、敬老会、敬老旅行、高齢者スポーツ大会、カラオケや踊り、子供たちとの交流等に積極的に取り組んでいる。

 また、村内の公園や墓地の清掃などを定期的に実施するなど、高齢者が積極的に社会貢献する機会も作っている。

40年前から取り組むワークシェアリング

 姫島村の特徴の1つに、ワークシェアリングを40年前から行ってきていることが挙げられる。

 離島という立地条件から、経営的に民間の参入は難しく、診療所、姫寿苑、フェリーなど、行政がやらざるを得ないことも多く、また村内で最大の雇用体である役場も含めて職員の給与を低く抑えて、できるだけ多くの人を雇用するというスタイルをとることで、過疎化の防止に努めてきた。

 人口2000人のうち職員数は約190人に上るが、ラスパイレス指数(国家公務員の給与水準を100としたときの地方公務員の給与水準)は76.3(2016年度)と、全国で最も低い値となっている。

 夕張市(同上80.8)よりも低いことを考えると、財政再建団体と同じような危機意識を持ち、自分たちの力で生活環境を整えようという自立的な姿勢がうかがい知れる。

 例えば、全国の市町村では日本で初めて1984年に導入した空き缶回収のためのデポジット制度*1による空き缶の回収率はかつては90%を超え、今でも83.5%(2014年度)と高い割合で推移し、村内に空き缶の散乱は見受けられない。

 他の自治体でデポジット制度がなかなか定着していない状況を踏まえると、姫島村の村民の共同意識の高さの現れともいえる。

*1=缶飲料を通常価格より10円高い価格で販売し、空き缶を島内の店舗で返却すると差額を返却するという制度

 また、病院に従事する人は34人、高齢者福祉センターは28人、保育園11人、幼稚園5人と、少ない人口の割には福祉と教育を重視していることが分かる。

 2008年に行われた住民アンケートの中では(回答:767世帯、出典:日本建築学会九州支部研究報告第48号)、「このまま住み続けたい」と回答した割合が86%に上り、給与水準という金銭的な基準では測れない住民の一体感も満足度に寄与していると思われる。

 これからは、今まで姫島村がとってきた施策、水産業の振興、ワークシェアリングや保健・医療・福祉の連携による地域包括ケアシステムの推進、環境対策等を大事にしながら、交流人口の増加を目指して、村の基幹産業である漁業と共存共栄できる、姫島ならではの観光振興を通じて雇用創出を図る新しい離島モデルを確立することがチャレンジである。

【姫島村の財政事情(2014年度)】――――――――――――――――――――――

姫島村は、財政の強さを示す財政力指数※1が0.10と、全国の類似団体の平均0.16を下回っているが、漁業に従事する個人事業主が多いことも一因と考えられる。

さらには、経常収支比率※2は91.8%と、類似団体の平均81.9%を上回り財政の弾力性が欠けている。

しかしながら、積立金現在高や地方債現在高では、以下のように年々改善し、類似団体よりも優れていることが分かる。

○積立金現在高 19.6億円(2004年)⇒ 27.6億円(2014年)
○地方債現在高 35.7億円(2004年)⇒ 21.9億円(2014年)

 <人口1人当たりの現在高(単位:円)>
○積立金現在高 1,234,949(姫島村) ⇔ 920,249(類似団体)
○地方債現在高 981,174(姫島村) ⇔ 1,197,052(類似団体)

また、投資的経費が類似団体に比べて格段に低い一方で、人件費(職員給)が高く、ハードよりもソフト(人をはじめ経常経費関連)を重視した財政方針であることが分かる。

本稿でも述べている通りラスパイレス指数が全国最下位なのは、職員数が多いため、職員1人当たりの給与が低くなっているからである。

 <人口1人当たり性質別歳出(単位:円)>
○職員給 145,369(姫島村) ⇔ 110,276(類似団体)
○投資的経費 157,9104(姫島村) ⇔ 351,303(類似団体)
 
<人口千人当たり職員数(単位:人)>
○職員数 38.07(姫島村) ⇔ 21.10(類似団体)


※1 財政力指数= 基準財政収入額 ÷ 基準財政需要額(3か年の平均値)
基準財政収入額…自治体の標準的な収入である地方税収入の75%などを対象とする。
基準財政需要額…人口や面積などにより決められる標準的な行政を行うのに必要と想定される額。

※2 経常収支比率…財政構造の弾力性を判断する指標で毎年度経常的な収入に対し、人件費や扶助費(児童福祉費や生活保護費など)、公債費(借金返済費など)のように、経常的に支出しなければならない経費が占める割合
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【参照、出典】
 ・姫島村HP(http://www.himeshima.jp/)
 ・日本建築学会九州支部研究報告第48号(2009年3月)
 ・大分県立看護科学大学HP(http://www.oita-nhs.ac.jp/)
・全国町村会HP(http://www.zck.or.jp/forum/forum/2590/2590.htm)
・総務省HP(http://www.soumu.go.jp/iken/kyuyo.html)

筆者:大和田 一紘