【感動】絶対に秘密! カルピスをスポーツドリンクと混ぜると激ウマ! 新人類の飲み物に変身

写真拡大 (全10枚)

みんな大好きな乳酸菌飲料・カルピス。ペットボトルでカルピスウォーターやカルピスソーダを買うのもいいですが、自宅でカルピスの原液を水でお好みの濃度に薄めるカルピスこそが至福。濃い目に作ったカルピスを飲めば少しばかりの贅沢を楽しめるものです。

水以外で割ってもウマい



家で作るカルピスは基本的には水で割って作りますが、他のもので割っても美味しくなります。例えば冬などの寒い時期にはお湯で割ってホットカルピスにしても良いですし、牛乳で割れば濃い目に作ったカルピスとはまた違った濃厚さのカルピスを味わうことができます。最近ではカルピスをビールで割る「ダブルカルチャード」というカクテルも注目されたりしていますね。



スポーツドリンクで割ると激ウマ!



実は他にもまだカルピスを作るときに使うと美味しくなるドリンクがあります。それはスポーツドリンクで、水の代わりにスポーツドリンクでカルピスを割ると夏にピッタリのさわやかなドリンクに変化するのです。

カルピスは甘味と乳酸菌の酸味のバランスが絶妙なドリンクですが、濃い目に作ったり牛乳で割ったりすると、どちらかと言うと甘味が強調されますが、スポーツドリンクで割ることで爽快感が強調されるというわけですね。



「アクエリアスゼロ」が最強



スポーツドリンクにもたくさん種類がありますが、恐らく最も相性が良いのは「アクエリアスゼロ」です。もちろん人それぞれ好みがあるので、別のスポーツドリンクで割る方が好きだという方も多いかと思います。

しかし、いろいろなスポーツドリンクを試してみた結果、アクエリアスゼロはスポーツドリンク特有のクセが少ないため、純粋にカルピスの酸味が強調されるような味に仕上がることが判明しました。



水の代わりにアクエリアスゼロを使うだけ



作り方は言うまでもありませんが、カルピスの原液1に対しアクエリアスゼロを4混ぜれば完成。もちろんこれもお好みで比率を変えてOKです。アクエリアスゼロの比率が高まるほど、甘みが抑えられていきます。







呪文を唱えるとなお良し



ちなみにカルピスとスポーツドリンクを混ぜている間に呪文を唱えるとさらに美味しさがアップします。「オイシクナーレ、マホカトーレ、ヤンサムランサム、ペッペッ!!」「オイシクナーレ、マホカトーレ、ヤンサムランサム、ペッペッ!!」と、唱える言葉は何でも構いません。赤ちゃんの胎教と同じで、カルピスの乳酸菌に美味しくなれと伝えてあげることが重要なのです。



あっ、ちなみに呪文を大きい声で唱えすぎて唾液がカルピスの中に飛んでしまうと他の人には嫌がられてしまうかもしれません。また、人目につく場所で作る時も要注意ですね。夏の暑さにやられた危ない人だと思われてしまう可能性があります。



抜群に飲みやすいドリンク



カルピスの原液とアクエリアスゼロを混ぜ合わせたら、ストローなどでしっかりかき混ぜ、氷を入れてあとは飲むだけ。カルピスは好きだけど甘すぎて夏はあまり飲む気がしないという人も、これならとっても美味しく飲むことができるはずです。

カルピスと言えばお中元の定番だったりしますが、全然飲みたくならずに家に余らせてしまっているという人はスポーツドリンク割りを試してみる価値が大いにありと言えるでしょう。



熱中症対策にも使える



夏場に怖いのは熱中症ですが、炎天下での運動や祭、夏フェスなどに参加して汗を大量にかくことがわかっているときにはスポーツドリンクが有効。つまりカルピスのスポーツドリンク割りでも熱中症対策ができるのです。

スポーツドリンクの味が好きではないという人も、カルピスを入れることで解消されることでしょう。

ペットボトルのスポーツドリンクを少し減らして、カルピスの原液を注いで振るだけでも簡単に作ることもできますし、この夏は是非カルピス+スポーツドリンクのさわやかなドリンクを試してみてください!

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/