今井絵理子参院議員との関係について会見する橋本健神戸市議=神戸市役所

写真拡大

 元SPEEDで自民党の今井絵理子参院議員(33)と不倫疑惑が報じられた神戸市議・橋本健氏(37)が27日、神戸市役所で会見し「不貞行為にならないという認識だった」と繰り返した。

 橋本市議は「一線は越えていない」としながらも、「不倫、略奪と言われることには困惑している」と反論。妻と2人の子供がいるが、「4、5年前から事実上婚姻関係が破綻していた。1年前に離婚を申し入れ、3月には調停の申し立てをした。3回調停している」とし、「恋愛は問題にならないと思っていた」「不貞行為ではないと思っていた」と主張。今井氏に交際を申し込んだことも認めた。

 しかし、現在も離婚は成立していない。橋本氏は「世間の皆様にはご理解ご納得いただけないと思っている」と開き直った様子も見せた。