街中の公園では躍りに興じる高齢者たちの姿があちらこちらで見られる  Photo by Konatsu Himeda

写真拡大

「老いても楽しみ学べ」で
元気みなぎる高齢者たち

 上海の高齢者たちが最近ますます元気だ。その健康的な生活は目を見張るものがある。それは、中国政府が高齢化対策に明確なポリシーを打ち出しているためである。「老いてもなお楽しみ、老いてもなお学べ」という“老いの哲学”に導かれ、上海の老人たちは今日も元気に活動を始める。

 上海市徐匯区在住のAさん(76歳)は、朝から古典舞踊の練習で忙しい。「今日も授業があるから」と10時の始業時間を前に、自宅で踊りの復習を始めた。

 Aさんが通うのは町内の「老人学校」。上海では、町や区の自治体ごとに「老人学校」「老人大学」を設置し、高齢者の学びの場を提供している。文芸、IT、音楽、語学などさまざまなジャンルに分かれたクラスがあり、高齢者たちは好みの科目を選択し申し込むことができる。

 学校と名がついている以上、その指導も厳しい。Aさんがあたふたと自宅でおさらいを始めたのもそのためだ。「老師とは次回までにマスターすると約束しているから」と必死の形相だ。相手が老人だからといって老師は容赦しないから、Aさんも“ガチ”になる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)