恵比寿駅からすぐの場所なのに、のぞきこまないと見つけられない小さな看板。地下に降りるとしっとりした大人空間が広がる。

カウンターでしっとりと焼き鳥とワインを楽しめる大人の隠れ家焼き鳥『希鳥』。2017年6月に誕生した新たなコスパ焼き鳥の超新星だ。

すでに食通たちから絶賛の嵐!『希鳥』の美味しさの訳をお伝えしよう



表通りから見える『希鳥』の表札は注意して歩かなければ見つけられない
隠れ家感が心を奪い期待をそそる!

2017年6月にオープンした『希鳥』は、美味しさもさることながら、まず注目したいのがその隠れ家感だ。

駅から徒歩90秒という立地でありながら、地図を見ずに辿り着くのはなかなか難しい。

表には看板類は一切なく、ビル地下に続く階段の途中に『希鳥』と書かれた趣ある表札がかかるだけである。

この控えめな佇まいにグルメな紳士・淑女たちの心はすでに持って行かれてしまうのだ。



カウンター席であるが広々とした作りになっており、隣との距離感も絶妙
最高の舞台で味わうこだわりの焼き鳥コース

階段を進み地下1階の引き戸を開けると、焼き場を囲み配される広々としたカウンター席が出迎える。これが極上焼き鳥を味わえる最高の舞台。

大衆的なお店では、どうしても焼き鳥の盛り合わせを大人数で分けて食べるスタイルになりがちであるが、ここならば2〜3人で焼き立てを1本ずつ楽しむことができるのだ。



焼き鳥7本にパテ付きのコースが3,800円、サイドメニューの白子麻婆も必食!
充実の内容!すばらしいコストパフォーマンス!

同店を初めて訪れるならば「焼き鳥コース」をオーダーしよう。スープ、サラダ、レバーパテ、焼鳥7本、野菜2種がついて3,800円という驚きのコスパだ。

「部位ごとの特徴をじっくりと楽しんで欲しい」という想いから21時まではコースのみの提供というのも、同店のこだわりのひとつ。好きなお酒を合わせながら1本1本の串の味わいを噛みしめたい。

コースをオーダーするとまずは一口スープ、サラダ、レバーパテが順番に運ばれてくる。食前にサラッと食べられるように工夫を凝らされたレバーパテなど、お酒が進む品を楽しみながら串の焼き上がりを待とう。


みやざき地頭鶏の希少部位を贅沢に堪能できる!



まずは「せせり」、「ささみ」、「恥骨(おまた)」を提供。(写真左から「ささみ」、「せせり」、「おまた」)
みやざき地頭鶏の希少部位を贅沢に堪能

『希鳥』の最大の魅力はみやざき地頭鶏の希少部位をいつでも味わえること。

焼き鳥の名店であっても日に数本しか提供できないような部位でも、同店であればいつでもオーダーすることができるのだ。

この稀少部位を楽しめるという魅力は、宮崎県の自社養鶏場や加工センターを有することで可能となった。

また、性別の違いにより食感、肉質、味わいが変わることから、一般には難しい部位に応じてオス、メスの使い分けも行っているため、コースを食べきる頃には鶏肉を隅々まで堪能できてしまうのだ。



1羽から15gほどしか取れない希少部位である「えんがわ」は、歯ごたえがよく、あっさりとした口当たりで美味。(写真左から「えんがわ」、「もも」、「つくね」)

焼き鳥の部位は変更になることもあるというが、この日は、「せせり」「ささみ」、「おまた」、「えんがわ」、「つくね」、「紅白レバー」、「もも」の順で用意いただいた。

注目したいのは「恥骨(おまた)」や「えんがわ」といった希少部位。1羽から数グラムしかとれない部位の特徴を堪能したい。



同店イチ押しの一品でもある「紅白レバー」は必食の美味しさ

コース終盤で提供される「紅白レバー」も絶品。1口目に白レバーが楽しめるのが特徴だ。同店では「紅白レバー」にシェリー酒のペアリングをすすめている。

デザートワインのようなシェリー酒の甘みに、レバーのトロッとした口当たりが絶妙にマッチして最高のマリアージュを楽しめるだろう。



「麻婆白子」(900円)
コースにアラカルトの追加もおすすめ

コースを堪能し、お腹にまだ余裕があるならばアラカルトメニューから追加オーダーも可能だ。

宮崎地鶏の白子を使用しピリッと仕上げた「麻婆白子」や、〆に最適の「柚子塩らーめん(ハーフサイズ)」など、ちょうどいいサイズ感の品が揃う。



「柚子塩らーめん(ハーフサイズ)」(600円)

美味しい焼き鳥でしっとりと大人の夜を過ごしたい日には『希鳥』を訪れてみてはいかがだろう。