コメントもアツい! 中川大志&織田梨沙が暴走族に!? リーボックの新作が見逃せない!!

写真拡大

 

 

あの人気ブランド「リーボック」の中でも、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン「Reebok CLASSIC(リーボッククラシック)」より、2017年の秋冬モデル「ZOKU RUNNER(ゾクランナー)」が発売!

 

この発売を記念して制作されたムービーがヤバいと評判なんです。

 

17FW_CL_Zoku_Runner_H_Look_2_F

 

出演しているのは俳優の中川大志さんと女優の織田梨沙さん。

 

リーボックの歴史を彩った名作ランニングシューズを受け継いだ「ZOKU RUNNER」とは、日本の人、文化、ファッションからインスピレーションを受け、日本語の「続(to be continued)」と「族(TRIBE)」の意味から名付けられました。

そのストーリーからのインスピレーションをもとに、今回の作品「ZOKU THE MOVIE」では、日本特有の「暴走(RUNNING) 族(TRIBE)」をテーマに、この作品のためだけにオリジナルにデザインされた特攻服を着用した中川大志さんが指揮者に、織田梨沙さんをはじめとした出演者たちが演奏者となり、和太鼓や鮮やかにカスタマイズされたバイクのコール音を鳴らしながら、夜をイメージしたネオンをバックに音楽を奏でています。

 

17FW_CL_Zoku_Runner_H_Zoku_2_F

 

中川大志さん、織田梨沙さんからコメントが届いています!

 

Q .「ZOKU RUNNER」を履いてみた感想は?

 

中川さん:「Reebok CLASSICは普段のファッションに取り入れやすいけど、他にはないデザイン性を持っているというブランドイメージです。“ZOKU RUNNER”は実際に履いてみるととても軽く、一日中履いていても疲れづらいシューズだと思いました」

織田さん:「本当に履いているのかな?と思うほど軽く、足首までフィットして履き心地が良いです。カラーバリエーションも豊富で、その日の気分やファッションに合わせて履きこなせると思います」

 

 

Q.「ZOKU RUNNER」のコンセプトや、セットなど「ZOKUTHE MOVIE」の世界観はいかがですか?

 

中川さん:「男臭いバイク、和太鼓、独創的な照明が不思議な空気感だと感じましたが、衣装を着て一気に気持ちが入りました。この世界観の中に“ZOKU RUNNER”が入ることによって、化学反応が起きて、本当にかっこいい作品だと思います。撮影中は、男としてテンションが上がってしまいました!」

 

 

Q.「ZOKU RUNNER」プロモーションムービーの見どころは?

 

中川さん:「カルチャーとファッションが組み合わさった、本当にかっこいい“ZOKU RUNNER”の世界観が出来上がったと思います。“ZOKU ZOKU”してもらえるような作品になったと思いますので皆さん是非ご覧ください!」

織田さん:「日本のかっこいいカルチャーが全て集まったと言えるくらい、素敵な作品になっているので是非見てください!」

 

 

2017年7月28日10:00にムービーが解禁されました!!

ヤバイので要チェックです!!!

 

▼アイテムの詳細はオフィシャルサイトにてチェックしてください。

https://reebok.jp/classic/zoku-runner/index.cgi