その時矢木に電流走る…のか…? - ドラマ「アカギ」より
 - (C)福本伸行/竹書房/スカパー!

写真拡大

 2015年に放送された福本伸行の人気麻雀漫画を実写化した連続ドラマ「アカギ」の続編製作が決定。BS スカパー!にて今年10月より放送を開始することが明らかになった。

 続編では、累計発行部数1,000万部を超える福本の漫画「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」から、麻雀の天才・赤木しげるの誕生の物語「竜崎・矢木編」「市川編」をドラマ化。「竜崎・矢木編」は全2話、「市川編」は全3話で構成される。そして主人公の赤木しげるは、「鷲巣麻雀編」を描いた前作に引き続き本郷奏多が演じる。

 本郷は続編決定に「竜崎矢木編や市川編には伝説的な名言が多いので、あのセリフを言えるのか……と今から楽しみで仕方ないです」と喜び。「アカギのカリスマ性を楽しみながら演じ、先輩方と共にクールな作品を作りあげていきたいと思います!」と意気込みを明かしている。

 本郷のほかの出演キャストは、後日発表されるとのこと。原作である「アカギ〜闇に降り立った天才〜」は現在単行本34巻まで刊行されており、「近代麻雀」(竹書房)2018年2月1日発売号掲載回で最終回を迎えることが公表されている。(編集部・井本早紀)

ドラマ「アカギ」は2017年10月よりBS スカパー!で放送(毎週金曜日・午後9時〜、各60分) ※「竜崎・矢木編」第一話無料放送