首相官邸HPより

写真拡大

 加計問題で追い詰められた安倍政権とその応援団は、マスメディアを"問題を捏造した敵"と見立て、「加戸守行前愛媛県知事の答弁をもっと報じろ!」などとがなりたてている。しかも、本サイトでお伝えした通り、一昨日の参院閉会中審査で自民党は、"ネトウヨの尊師(グル)"こと青山繁晴議員を質問者に送り出し、なんと国会という場で"報道圧力"までかけてきた。

 これだけでもいかに連中が切羽詰まっているかがありありとわかるが、一方、青山センセイが仕向けた加戸氏のトンデモ答弁と前川氏への人格攻撃を利用して、さっそくネトウヨたちがメディアバッシングに興じている。標的にされたのは、TBSと『報道特集』だ。

〈TBSが前川の嘘と加戸氏の反論をカット〉
〈またお前らか! 早速特定されてんぞTBS〉
〈加戸さんに精神構造を疑うとまで言われた前川助平は完全に詰んだ。助平の上に頭がイカれている嘘捏造男だと証明された〉
〈加計疑惑はTBSと前川が共謀してでっち上げたデタラメストーリーだった!!〉
〈マスゴミは、報道しない。高須医院長みたいに、もうスポンサーに圧力かけないとマスゴミのバカさかげんは治らんな〉

 そもそもこの話、本来ならば取り上げるのもバカバカしいシロノモなのだが、しかし、こうしためちゃくちゃな言辞が飛び交っている以上、本サイトとしては、いかに面倒でも一度、検証しておく必要があるかもしれない。

 まずは、ネトウヨのTBSバッシングに火をつけた一昨日の加戸氏発言を振り返ろう。

 もともと10日の審査でも「YouTubeがすべてを語り尽くしている」などと答弁し、ネトウヨから喝采で迎えられた加戸氏。一昨日の青山氏による「加戸氏の発言を報じないメディア状況についてどう思うか」という趣旨の質問に対し、例の「報道しない自由」を持ち出した。

「7月10日の証人喚問ののち、私はその晩、イタリア旅行に出かけまして、日本のことを知りませんでした。10日間旅行して帰ってきましたら、『日本では報道しない自由というのが騒がれてるよ』と。『なんですか』と聞いたら、なんか一覧表を見せられまして。加戸参考人の発言を紹介した○、△、×で、新聞メディア、テレビ等の勤務評定がありまして、ああそうなのかなと見たときに、私はあの、役人時代から慣れっこでございますから、まあ当然そうだろうなと思いながら。ただ、『報道しない自由』があるということに関しても有力な手段、印象操作も有力な手段、でそのことは、マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかないことですございます」

 ちなみに、加戸氏が何者かから(いったい誰のことだろう?)見せられたという「○、△、×のメディア勤務評定」なるものは、おそらく、あるツイッターユーザーが作成したとみられる画像のことだ。「加計問題に関する参考人招致における各メディアの加戸愛媛県知事の発言の取り上げ方」と題されたその画像では、民放キー局の夜のニュース番組や全国紙で加戸氏の発言の取り上げ方を「○、△、×」の三段階で評価したふうになっている。

 評価の基準や何日付放送・報道の比較なのかが明記されておらず、また前知事ではなく「加戸愛媛県知事」と記すなど雑な感じだが、これがネトウヨ系情報を発信しまくっているバイラルメディア「netgeek」などが引用するなどし、ネットで広く拡散されていった。

 つまり、加戸氏は7月20日ごろ、このネットに転がっている画像を見せられ、「まあ当然そうだろうな」と思い、「報道しない自由も印象操作もマスコミの有力手段」というふうに述べたわけである。

 この時点で、ネトウヨや安倍応援団が熱狂的にもち上げる加戸氏自身、なかなかの"ネトウヨ的資質"をもっていることがわかるが、さらなる問題は、続いて、マスコミの取材をめぐり、こんなトンデモなエピソードを開陳し始めたことだ。まず、加戸氏はこう宣言した。

「このことに関して、あえて申し上げなきゃならないことが、ひとつあります。それは、実は、あるテレビ局の報道で、報道された中身に関して、そのこと自体は私はどうこういうわけじゃありませんが、取材に応じられた前川参考人の発言で、報道のときにはカットされた部分があります。で、このことについて、やはりこの場でおいて、安倍総理がこんなに窮地に立っているときに、このことは、私の、これは、指導しなければ気が済まないから、申し上げさせていただきます」

 その後、加戸氏はメディア取材をめぐり、国会で長々と一部始終を説明し始めるのだが、それを聞く限り、番組名を明言こそしなかったものの、前川氏と加戸氏のインタビューを放送した6月3日『報道特集』のことを述べていることは明らかだった(だからこそ、ネトウヨも「加計疑惑はTBSと前川が共謀してでっち上げたデタラメ」などとほざいているわけだが)。ここで加戸氏のその答弁をママ引用すると、極めてわかりづらいため、以下要約しつつセリフの要所をひいてみよう。

 まず、加戸氏によれば、東京で取材を受けることになり、そこにテレビ局のカメラ2台と記者2人が来たという。そして、局側の人間から前川氏に取材した映像を見せられ、前川氏の発言についてどう思うか等を取材されたのだという。話の中心は、加戸氏が安倍首相肝入りの教育再生実行会議の委員となった経緯である。一昨日の閉会中審査で加戸氏はこう主張した。

「いうなれば、教育再生実行会議に、安倍総理に頼まれて私が、この加計問題を取り込む、という構図に(前川氏の話が)なっているわけでありまして。で、私が笑い飛ばした部分はカットされました」

 そのうえで加戸氏は、これまた実際の放送ではカットされた前川氏の発言があったとする。それは、「安倍総理が加戸さんに、加計学園の獣医学部の設置を教育再生実行会議の場で発言してもらうために頼まれたんですよ」というものだという。

 この「番組にカットされた」前川氏の発言に、加戸氏は憤慨したらしい。加戸氏は前川氏をこう批判した。

「このことに関しては、『総理補佐官ご発言メモ』が残っているわけでもあるまいし、なんでそんなことをおっしゃるのか。安倍総理を叩くために、そこまで、全国に流れるテレビの画面の取材に応じて、私の取材がもしできていなければ、あのまま生で流れているかもしれない、ということを考えたときに、私は、自分の後輩ながら精神構造を疑いました」

 ようするに、加戸氏がカットされたと主張しているのは、(1)前川氏が"「安倍首相が加計学園の獣医学部の設置を教育再生実行会議の場で言ってもらうよう頼まれた」と発言した"、(2)加戸氏が"私が笑い飛ばした"という部分。そしてこれが「前川氏の精神構造を疑いました」という人格攻撃と結びついて、ネトウヨの間で前川バッシング&TBSバッシングが巻き起こっている、というわけである。

 しかし、この加戸氏の発言に対して、一方の前川氏は、一昨日の答弁で「これは誤解だと思います」と即座に否定している。前川氏は、加戸氏が総理直々の指名で教育再生実行会議の委員になったこと、教育再生実行会議の場で今治市に獣医学部を作りたいという旨の発言があったのを陪席時に聞いたことの2点については話したとしたうえで、こう反論した。

「『総理に頼まれてその発言をしたんだ』ということは、私は言った覚えはございません。まさか加戸先輩が事実を捏造するとは思えませんので、誤解があると思います。メディアもそれを公開してくれるかはわかりませんけども、チェックしてくれればわかることだろうと思っております」

 いったいどちらの言い分が本当なのか。本サイトはさっそく、もう一つの当事者であるTBS広報に問い合わせたが、「お話を聞く限り(加戸氏は番組名を出していたわけではないので)当局の番組とは特定しかねる。もし回答が必要ならば書面で取材趣旨等を記して送ってもらうことになる」といかにも官僚的な対応(マスコミはこういう対応を続けているから、ネトウヨに付け込まれるのだ)。しかし、TBS報道局の複数関係者に取材した結果、こんな内容が返ってきた。

「前川氏はそんな発言はしていないし、そんな映像を加戸氏には一切見せていない」
「そもそもオウム事件の教訓があるから、TBSで取材対象者にVTRを見せるなんてことは絶対にありえず論外だ」
「突然そんな話が出て、関係者一同驚愕している。別のことと記憶を混同してるんじゃないか」
「ありえない。加戸氏は他の媒体からの取材と混合して話したのだろう」

 また、加戸氏の証言はディテールも事実とまったく違っているところが多々あって、たとえば、加戸氏は「カメラ2台と記者2人が来た」と言っていたが、当日、カメラは1台しか入れていないという。

 さらに客観的な角度から検証したが、『報道特集』が前川氏の発言をカットしたという話は、やはり加戸氏の妄想か、勘違いとしか考えられない。

 その最大の理由は、加戸氏が「カットされた」と主張しているやりとりがきちんと放送されていたからだ。

 繰り返すが、加戸氏は「前川氏によって安倍首相に頼まれて教育再生会議に加計問題を取り込んだことにされた」と言い、その映像を見て「笑い飛ばした部分をカットされた」と言っている。

 だが、問題の『報道特集』を見直すと、前川氏のインタビューのあと、加戸氏と女性記者との間でこんなやりとりが放送されていた。

加戸「『安倍内閣の再重要事項として教育再生に取り組みたい』と『加戸さんの力を借りたい』ということでしたから、私も喜んで引き受けさせていただきました」
女性記者「その、加戸さんのその獣医学部誘致への、あのー、思いを買って、そこに着目して声を、任命したというふうなご認識はありませんか」
加戸「(笑いながら)ふっふっふ、まったく関係ないですね」

 しかも、放送では女性記者の背中越しに、テーブルを挟んで、ソファに座る加戸氏に姿が映っていたが、テーブルには何も置かれていないし、フレームに別のカメラやモニター(ハンディなども含む)も一切映っていない。加戸氏の発言からも映像を見せられた、という気配もまったく伝わってこない。

 ようするに、安倍首相に加計問題を取り込むよう頼まれたのではないかという話は、前川氏のインタビュー映像でなく、女性記者が加戸氏に直接質問しており、それを「笑って否定」する加戸氏の発言はきちんと放送されているのだ。

 加戸氏は、これとは別に前川氏の映像を見せられてまったく同じやりとりをしたというのだろうか。しかし、仮にそうだったとしたら、加戸氏に疑惑を当て、それを否定する様子をきちんと放送しているのだから、『報道特集』がわざわざカットする必要がないだろう。

 それは、前川氏も同じだ。前川氏はしゃべったことについては、きちんとしゃべったと証言している。前述したように、前川氏は一昨日の答弁で、「安倍総理が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を教育再生実行会議の場で発言してもらうために頼まれたんですよ」という発言については明確に否定した一方、加戸氏が総理直々の指名で教育再生実行委員の委員になったこと、教育再生実行会議の場で今治市に獣医学部をつくりたいという旨の加戸氏の発言を聞いたこと、この2点については「話した」と認めている。

 実際、放送を見直すと、前川氏が話したという部分はきちんと放送でも確認できた。

「加戸さんが(教育再生実行会議の)委員になるにあたっては、総理から直々にご指名があったと」
「人選に携わりましたから私。加戸さんが委員におなりになること自体に、私どもは異存はないんですけれども、教育再生実行会議の議論の場で、獣医学部のことをもち出されたことが二度ばかりあるんですね。ものすごく唐突な発言だったので覚えているんですけれども」(『報道特集』より)

 ここまできちんと話しているのに、前川氏が「安倍総理が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を教育再生実行会議の場で発言してもらうために頼まれたんですよ」という発言だけを隠す理由がないだろう。

 ようするに、加戸氏は前川氏の「教育再生実行会議の委員になったことが総理直々の指名であった」という発言を何かの機会で聞いたうえ、女性記者から「安倍首相に獣医学部設置への働きかけを頼まれたのではないか」と質問されていたため、両者を混同してしまったのではないか。

 あるいは、最近、ネトウヨ的ロジックにすっかりはまってしまった加戸氏が前川氏に対抗し、安倍政権を擁護するために、デタラメを意図的に口にし始めたのか。

 いずれにしても、はっきりしているのは、加戸氏の尻馬に乗って安倍応援団やネトウヨがわめいている「前川氏の発言を『報道特集』がカットした」「マスコミの報道しない自由はおかしい」という攻撃がただのいちゃもんにすぎないということだ。

 連中は、加戸氏が安倍首相に頼まれて教育再生実行会議で獣医学部認可を主張したというのがガセだという前提に立って、前川氏がガセを証言したとわめいているのだが、そもそも、加戸氏が安倍首相に頼まれたということがなぜガセだと言えるのか。

 加戸氏が教育再生実行会議の場で加計学園の獣医学部新設のことを言い出したのは、公的記録に残されている事実だ。同会議議事録によると、加戸氏は本筋から離れるかたちで、複数回このように述べていた。

「実は、愛媛県は中四国の最大の畜産県なので、獣医科大学が欲しいということで土地を構えて誘致もしましたが、跳ね返された。30何年も既得権益を守るような固定観念の入学定員の規制だけはぜひ取っ払ってもらいたい。この提言の端にぜひ加えていただきたいということで申し上げました」(2013年5月8日)
「何とか四国の空白地帯に獣医師養成大学を誘致したいということで平成19年から国に対して特区の申請を12回連続して、毎回あきらめないでやっているのですが、(中略)四国は空白地帯ですし、中国、九州もほとんど数が少ないということで、公務員獣医師あるいは産業動物の獣医師が確保できないという悩みを抱えておりますので、ぜひこの辺は弾力的に入学定員を運用していただきたい。総理の言葉を借りまして、固い岩盤も愛媛県という小さいドリルであかないので、実行会議の大きなドリルで穴をあけていただければ、付録で提言していただきたいという思いで申し上げました」(13年10月11日)

 安倍首相直々の指名で教育再生実行会議の委員になり、しかも、会議の趣旨や流れと関係なく、安倍首相のお友だちの学園の獣医学部設置を主張したのだから、この発言も安倍首相に頼まれたのではないかという疑念を持つのは当たり前だろう。そして、その疑念を持ったら、当事者にぶつけるというのはジャーナリズムとして当然の行為だ。

 そのうえで、当事者に否定されてもなお、疑惑が晴れないと考えれば、否定コメントを紹介した上で疑惑を報道するし、疑惑が晴れたと認識すれば、疑惑自体を一切報道しない。それが普通の報道のやり方である。

 だから、仮に、『報道特集』が加戸氏に否定されたために、裏が取れないと判断して、その部分を報道しなかったとしても、それは「報道しない自由」などと揶揄するような行為ではまったくない。しかも、前述したように『報道特集』は、加戸氏にその疑惑を真っ向からあて、そのやりとりをきちんと放送しているのだ。

 それを「報道しない自由」などとわめいて、いちゃもんをつけているのだから、ネトウヨや安倍応援団の頭の悪さには絶句するしかない。

 ようするに、連中は加計問題をめぐる現在の状況に耐えられず、狂い始めているのだろう。前川氏の登場以降、"加計ありき"を物語る証拠が次々出てきて、国民の安倍政権への不信感がどんどん高まっている。でも、安倍政権の当事者たちは有効な反論がまったくできず、「記憶にない」と逃げ回ることしかできない。そこで、暴論をはき続けている加戸氏の発言に救いを見出し、その加戸氏を使って、前川氏をなんとかおとしめようと、無理やりこんなデタラメなロジックを言い出したのだ。

 そもそもネトウヨや安倍応援団は、「加戸氏の発言をもっと報じろ!」「メディアは偏向だ!」とわめいているが、本当に加戸氏の発言をまともに取り上げられたら困るのは、安倍政権や応援団のほうだろう。

 青山氏の閉会中質問を批判する記事でも指摘したが、加戸氏は一昨日の閉会中審査でこんなことを口走っていた。

「有識者会議の判断と、内閣府のあるいは虎の威を借りるような狐の発言を用いてでも強行突破していただいたことは、私は大変よろこんで今日に至っています」

 そう、狐=内閣府が虎=安倍首相の威を借りて、獣医学部設置を突破したという話であり、逆に加計学園の獣医学部特区選定が安倍政権の恣意的な決定だったことを認めてしまったのだ。

 ネトウヨも安倍応援団も、こんな人物に頼らないと反論できないというのは、もはや末期症状と言っていい。

 しかし、連中が末期的な状況だからといって、こんなデマを放置しておいていいはずがない、泉放送制作デマもそうだったが、いま、連中はなりふり構わぬデマ攻撃で、報道に圧力をかけてきている。これを放置しておいたら、いつのまにか、再び政権批判がタブー化する状況が再現していたなんていうことも起きかねないのだ。

 しかも、今回は国会でまでこのデマが堂々と語られ、青山繁晴という国会議員がこのデマを大拡散している。TBSは毅然とした対応をするべきだろう。
(編集部)