リビングにはワイヤレスが最適!タワー型のスピーカーが部屋中に音を届けます

写真拡大 (全6枚)

寝室や自室ではなく、リビングなどの広い空間で音楽を聴くなら、それに適したパワフルなスピーカーがほしいですよね。パナソニックより9月8日に発売される「ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7」なら、合計10個のスピーカーが上質なBGMを実現。Bluetooth対応で、スマホなどにも接続できます。

 

六角柱のタワー型「ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7」には、6cmツイーター×4、8mミッドレンジウーハー×4、16cmスーパーウーハー×2の合計10個のスピーカーと、1100W出力のアンプを内蔵。さらに、独自ポートにより空気圧を漏らさずに前方に押し出し、低音を体で感じられるレベルに増幅する4つのAirquake Bassを採用しています。

中高域と低域のスピーカーボックスを分割し、スーパーウーハーは対面式に配置。最大音量でもクリアで高品位な低音を再生できます。また、キャビネットを六角柱型にすることで、剛性が高まり共振を低減しています。

中高域部のスピーカーは前方の3面に角度をつけて配置しているため、サウンドが180度に広がり、室内のどこにいてもいい音を楽しめそう。

Bluetoothに対応するほか、USB接続端子や光デジタル音声入力端子を搭載しており、ワイヤレスでも有線でもさまざまな機器と接続できます。また、4GBの内蔵メモリーを搭載しており、約1000曲の音楽を保存できるのも、使い勝手がよさそうです。ミュージック、BGM、シネマ、ナイト、スポーツ、TV、スタンダードの7つのモードを選ぶことで、聴く音楽に合わせて音質を調整できます。

また、光デジタル音声入力端子も搭載しているので、テレビと接続すればテレビ番組や映画を迫力の音で楽しめ、まさにリビングに置くのにぴったりの一台です。

迫力の大音量を上質なサウンドで楽しめるスピーカーは、ホームパーティーなどにも最適。おまけに、カラオケも楽しめるマイク端子を搭載しているので、自宅がカラオケボックスに変身しますよ! ブラックの躯体がスタイリッシュな「SC-UA7」、価格はオープンです。

>> パナソニック「ワイヤレススピーカーシステム SC-UA7」

 

(文/&GP編集部)