広島県廿日市(はつかいち)市宮島町にある宮島水族館の模型が、ネット上で話題になっています。

トイレに突如出現

同館は1959(昭和34)年4月に、県立水産資源研究所として開所。

1967(昭和42)年に旧宮島町の町立水族館となり、今年で50周年の節目を迎えました。

現在はアシカやペンギン、小型のイルカ「スナメリ」と触れ合える水族館として人気です。

トイレの壁にびっくり

あるTwitterユーザーが7月23日、同館のトイレの個室に、オオサンショウウオが突然現れてびっくりしたとツイート。

写真には壁に張り付き、茶色くぬめりが輝く細長い体。確かに、オオサンショウウオです。

壁に張り付くオオサンショウウオの模型 提供:宮島水族館

オオサンショウウオは、愛らしい顔立ちで有名な日本の固有種です。

主に岐阜県以西の本州の低山から平地にかけての川に棲息し、国の天然記念物の指定を受けています。

大きさは1メートル(実物大)

同館によると、レプリカは2011年8月の大規模改修の際に設置しました。

プラスチック製で大きさは110センチ、実物大を再現しています。

当館は『何度来館しても、新しい発見がある水族館』を目指しています。

その一環として、水生生物のレプリカやレリーフを館内のさまざまな場所に設置しています。

(広報担当者)

精巧な作りに見応えがありますが、設置箇所は「トイレの個室」という以外は非公表です。

隠れキャラということで場所は公表しておらず、リピーターの方でも気が付いていないことが多いです。

偶然発見した方は、意外性を感じて喜ばれていると思います。

オオサンショウウオだけでなく、さまざまな水の生きものが隠れているので、来館された際には探してみてください。

マスコットキャラの名称を募集中

宮島水族館では50周年記念として、7月21日から新しいマスコットキャラクター5種の名前を募集しています。

キャラクターのモチーフはトド、アシカ、コツメカワウソ、ウミガメ、タチウオ。

名前は必ずカタカナで表記となり、後ろに「くん」または「ちゃん」が付きます。

8月31日までに専用の応募フォームに入力するか、館内にある応募用紙から投稿できます。

詳しくは、応募サイトをご覧ください。

50周年の節目に既存の仕掛けが大きく話題になったのも、オオサンショウウオのご利益かもしれません。