提供:週刊実話

写真拡大

 「制服を着た美少女が万札を手にピースをしたり、ヒモパンティーを脱がされ挿入されていたり、ゴムフェラをしたり、精子を舐めていたりなど、どれもドエッチ画像ばかり。その美少女が『山本美月』そっくりのため“本人の過去動画ではないか”と拡散しているのです」(AV関係者)

 モデル出身の美貌と明大農学部卒という頭脳を持ち合わせ、映画やドラマ、CMに引っ張りダコの山本美月(26)が、“援助交際AV”疑惑にさらされている。
 「最近“本人!?”などという疑惑の声とともに、“山本美月そっくり少女の援交セックス写真”と称する画像がネット上に流出し、騒動になっています。6月頃、一部アダルト動画投稿サイトにアップされた個人撮影ものAVの画像とみられます」(AV関係者)
 流出画像はかなり過激だ。

 山本は高3の時、モデルオーディションでグランプリをゲットし、ファッション誌『CanCam』専属モデルに。井上和香と同じ事務所に所属し'11年に女優デビューした。
 「'16年7月期のフジテレビ系連ドラ『HOPE』でヒロインを務めたほか、'15年『東京PRウーマン』、'16年『貞子vs伽椰子』、今年5月公開『ピーチガール』などの映画で主演。また、数多くのCMに出演するなど、今、最も旬な女優」(芸能記者)

 これまで目立った熱愛報道がなく、このクラスの女優としては珍しい“スキャンダル処女”だった。
 「本人もそれを気にして、最近では“お色気路線”に転向を図り始めていた。初主演を務めた『HOPE』の制作発表では“7月クールの連ドラで視聴率1位になったら水着写真集を出す”との公約をぶち上げた。実現はしませんでしたが、脱ぐ気満々なのです」(同)

 公称バスト77センチだが、実際はそれ以上とされる。
 「実際85センチのDカップはある。身長も167センチと高く、水着になれば大反響必至。7月いっぱいで『CanCam』モデルを卒業する山本は、5月のテレビ番組で大学時代の彼氏の存在を告白するなど、スキャンダルキャラに舵を切っています」(芸能関係者)

 すでに、セクシー水着写真集計画もあるという。
 「周囲に“水着を披露したい”とこぼしている。モデル出身の美脚を強調するため、ハイレグ・食い込みビキニと、清純派をアピールしたスクール水着を織り交ぜた写真集プランが、一部出版関係者との間で話し合われている。今回の流出騒動で、さらに脱ぎ路線を強化していくでしょう」(同)

 世の中には自分に似ている人間が3人いると言われているが、流出しているAVは“そっくりさん”のたぐいか。セクシー美月には近々、清純系水着写真集で出会えるのは間違いない。