画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニットコムは7月28日に、東京の秋葉原に「パソコン工房 AKIBA STARTUP」をオープンする。2017年6月に閉館した「パソコン工房 アウトレット館」の跡地で、中央通りから一本入った、PCショップが軒を連ねる中にある。7月27日に行われたメディア向け内覧会の様子と、パソコン工房 AKIBA STARTUPの作りや展示を紹介しよう。

パソコン工房 AKIBA STARTUPでは、「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」と銘打ち、PCの周辺機器や関連グッズなど、IT系スタートアップ企業が開発した個性的で実用性の高い商品を集めて、展示や製品説明、体験から販売まで行う。

スタートアップ企業は製品に自信があっても、広告資金やPRの場がなかなかそろわないという問題を抱えがち。一方、エンドユーザーは、ネットで気になる目新しい製品を見かけても、実際に体験したり、詳細を確認したりする場がないことが多い。

ユニットコムでは双方のニーズを繋げる場として、パソコン工房 AKIBA STARTUPで取り扱うものをあえてスタートアップ企業の製品のみに絞ることで、ユーザーからの注目を集める狙い。クラウドファンディングを中心に、ネットで紹介された製品を20アイテム前後そろえ、定期的に入れ替えていくという。「何か面白いものはないか」「ワクワクできる新しいものが見たい」、そんなユーザーの期待に応える空間を目指す。

プレス向け内覧会には、秋葉原を中心に活動する地下アイドル「仮面女子」の3人が応援に駆け付けた。店舗の様子と、彼女たちが実際に体験して見せた商品を含め、面白そうなアイテムを幾つか紹介しよう。

出展商品の詳細は、「パソコン工房 AKIBA STARTUP GALLERY 出展一覧」で見られる。