爆笑問題・太田光

写真拡大

25日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、爆笑問題の太田光が、かつてビートたけしと故立川談志さんが酷評したというお笑い芸人を明かした。

番組には、一時期番組宛に投稿メールをよく送っていたという、ねづっちがゲスト出演した。過去に番組で採用された印象に残るなぞかけなど、ねづっちの投稿メールを紹介する中、太田は「今だから言えるけどね」と過去に談志さんとたけし、太田の3人で食事をしたときのエピソードを語りはじめた。

太田によると、食事の席では2時間半ほど話したそうだが「談志師匠とたけしさんが言ってたほとんどの話題は、ねづっちの悪口でした」と暴露。大きな笑いが起きる中、突然の暴露をされてしまったねづっちは「マジですか?ちょっと太田さん、知りたくなかったです」と困惑した様子をみせた。

太田は、ふたりの中では「なぞかけにはこだわりがあるらしい」と前置きし、たけしは「なぞかけでもなんでもねぇんだあんなもんは」「ちっともうまくもなんともねえ。なんであんなのが売れてるんだよ」と、ねづっちの芸を酷評していたという。談志さんも「そうなんだよ、なぞかけっつうのは、本当はああいうもんじゃねぇんだよ」と、たけしの意見に同調していたとか。

結局そのときは2時間半、ねづっちの話題で持ち切りだったそうで、太田の話を聞いたねづっちは「なんでこんなへこんだ気分で今日帰らなきゃいけないのかな」と語り、笑いを誘っていた。

【関連記事】
千鳥・大悟 2時間の遅刻を黙認された理由…志村けんの名前で無罪放免
長嶋一茂が父・長嶋茂雄氏をめぐって暴露「うちの女房の名前を覚えない」
土田晃之 上西小百合議員は「どこのスタッフ、出演者からも総スカン」と暴露