【詳細】他の写真はこちら

なんとも絶妙なバランス感です。

以前、ビビッドカラーのタンクが目を引くカスタムバイク『SHREVEPORT SLAMMER』を製作した海外ビルダーのClassified Moto。同ビルダーから新作のカスタムバイク『FRANK』が登場しました。トライアンフの『Speed Triple 1050』をベースとしながら極太タイヤを履かせていて、かなり個性の目立つ車両に仕上がっています。やっぱり三発エンジンの個性は他に代え難い魅力ですなあ。

ベースは2007年製の車両





そもそも珍しい並列3気筒エンジンを搭載しているなど、かなりアクが強い車両である『Speed Triple 1050』。今回のカスタムバイクではタンクやヘッドライト、フロントフォーク、エキパイ(エキゾーストパイプ:排気管)までもがイエロー系のカラーで揃えられ、いい意味での“オモチャ感”を漂わせています。個人的な想像ですが、ライディングもなかなか楽しそうな予感がしますね。

極太タイヤはバギー譲り







今回のカスタムで一番の特徴と言えそうなのが11インチ幅の極太後輪タイヤ。実はこれ、ATV(全地形対応車)、つまりバギーなどで利用されるタイヤなんですね。そのサイズ感と重量を考えるとバイクの駆動系への負荷が高そうですが、オフロードバイクとも違う独自の乗り味が楽しめるのではないでしょうか。

このほかにも車両のシートや排気系、スイングアームはオリジナルカスタムのパーツに変更済み。どことなく漂うDIY感に、温かみを感じてしまいます。

お金を出せばちゃーんと買えるカスタムバイク





カスタムビルダーとしては珍しく、Classified Motoが製作するバイクは公式サイトから車両のオーダーが可能となっています。『FRANK』の製作価格は4万ドル(約440万円)〜とかなりお高く設定されていますが、興味があればぜひお問い合わせをどうぞ。

文/塚本直樹

関連サイト



『FRANK』情報ページ(英語)