まさに各地で花火大会が開催される最盛期、真っ只中。みなさんはこれから花火大会に行く予定はありますか? 楽天グループの結婚相手紹介サービス会社、株式会社オーネットは、20歳〜39歳の男女計240名を対象に『花火大会に関する意識調査』を実施。

この夏、花火大会に行く予定が「ある」と答えた人は 37.5%、「既に行った」人は2.9%となっており、合わせると現時点でも約4割の人がこの夏は花火大会を楽しむ計画あり。一方、「未定」と答えた人は24.6%。まだ夏の予定を決めきれていない人も多いのかもしれませんね。

※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。
http://otajo.jp/69218

花火大会で相手との距離が近づいた人はなんと約半数!

花火大会デートはお付き合いが始まる前のふたりに、変化を与える!?

「花火大会に彼(彼女)と一緒に出かけた事で、ふたりの距離が近づいたという経験はありますか?」と質問すると、「経験がある」と答えた人は約半数の43.8%! 花火大会デートは気になる相手と急接近する絶好のチャンス!? この夏、気になる人とデートを考えているあなた、急いで花火大会の情報を収集して!

花火に勇気をもらって告白!?

では、実際に距離が近づきやすい花火大会で告白に挑戦した人は、どのくらいいるのでしょうか。

「今までに花火大会で彼(彼女)に告白をした、された経験は?」と聞いてみると、11.7%、約10人に1人が「経験あり」と回答。

多くはありませんが、ふたりで小さめなシートを広げて寄り添いながら花火を見れば、つい想いを伝えたくなるのかもしれませんね。花火の余韻に浸りながらの告白なんてロマンチック!

告白の成功率は果たして!?

気になるのは、その告白の結果ですよね。「うまくいった」と回答した人は、なんと82.1%! 「うまくいかなかった」と回答した人が17.9%であることを考えると、かなり成功率が高いと言えるのではないでしょうか。花火を見上げる彼女の横顔が可愛かったり、人混みの中でリードしてくれる彼を頼もしく感じたりすることが、気持ちを盛り上げるのかもしれません。花火大会、まじで大チャンスかも。

みんなの花火大会の思い出

●嬉しいコメント編
・密着したりはぐれないように手を繋いだりすることで、仲が深まった。
・彼の地元の花火大会に行った。生まれ育った場所を案内してもらいつつ、綺麗な花火が見られて、感動した。
・満員電車が嫌で、少し距離はあったけど歩いて家まで帰った。
・彼女に浴衣姿にドキドキした。
・同じ会社の人だったので、会社の 1 番高い場所から、2 人だけで花火を楽しんだ。
・好きな人の家の屋上で 2 人で花火をみた。
・人混みの中手を引っ張ってくれる彼にキュンとした。
・花火を見ながらだとロマンチックになり、ふたりの雰囲気が良くなった。
・年上の彼女であったが、花火に背中を押されて積極的になれ、抱きしめながら花火を見れた。
・初めてのデートが花火大会ですごく緊張したけど、人混みに紛れて初めて手を繋げたことが嬉しかった。
・サプライズで浴衣を着たら、彼がとても喜んでくれた。
・座ってみれる予約席をサプライズで用意してくれていた。
・2 人の距離が縮まりキスができた。
・夏の思い出を共有して仲良くなれた。
・行き帰り道が混んでいたが、そのおかげで車内でゆっくり話すことができた。

●せつないコメント編
・花火の写真撮るのに夢中になりすぎて怒られた。
・浴衣を着る準備に手間取って、約束の時間に間に合わなかった。
・人混みがすごくて、浴衣が着崩れてしまった。
・友達と浴衣を着て花火大会に行った時に、量販店の浴衣を着たら被ってる人が多くて恥ずかしかった。
・友達と見に行った時に小さな火の粉が飛んできて、スカートが焦げた。

「人が多いのではぐれないために手を自然につなげる」「距離が縮まる」など、人混みも悪いことばかりではないようです。切ないコメントの「写真を撮るのに夢中になりすぎた」はSNSが流行っている今、気をつけておいたほうがいいかもしれません。

お祭り気分も高まって、非日常感に楽しさも倍増する花火大会。ほの暗い夜の会場に、隣りにいる恥ずかしさも少し和らぐのではないでしょうか。やっぱり夏は花火大会デート、外せませんね。

でも、花火大会の途中で告白するのは注意! 万が一、玉砕してしまった場合はクライマックスの花火を気まずい雰囲気で見ることになってしまうので、花火の打ち上げが終わってから告白するのがベストかも。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』