画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・関ジャニ∞が27日、東京国際フォーラムで行われた映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)の日本語吹替版特別試写会にサプライズ登場し、約4,000人のファンから大歓声が沸き起こる中、安田章大が作詞作曲を担当した日本語吹替版主題歌「Never Say Never」を生披露。本作を鑑賞した感想も語った。

15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘が描いた本作。ひと足早く鑑賞した関ジャニ∞は大興奮したようで、丸山隆平は「15歳の高校生独特の悩みや、エネルギーをどう使っていいかわからない葛藤も感情移入しますし、自分たちの高校時代を思い出したりもします」と話し、「年齢問わず家族で観てほしいですし、恋人と観てもいいかな」と語った。

すると、村上信五が「あの恋はつらい恋やからな」と苦しい表情。あるシーンで全員顔を見合わせたそうで、村上と丸山は「えーー!!」「うわーー!!」とその時の様子を再現してみせた。また、大倉忠義は、渋谷すばるについて「ヒロインの女の子がかわいいって。(ワールドプレミアの)レッドカーペットでもずっとそわそわしてて」と暴露。渋谷は「めっちゃかわいかってん」と小さい声でつぶやいた。

続けて、横山裕が「映画観ている村上君もかわいかったですよ。『あー! あー!』って」とイジると、村上は「そわそわする。高校生が大人になっていく様も、ヒーローとして成長していくところも描かれているから、人間模様がかなり…」とグッときたポイントを説明。さらに、横山が「友達のアクションよかったですよね?」と話しかけると、村上は「終わったあと、絶対みんなマネしたくなるシーンがありますから!」と言い、横山は「村上さんすぐやってましたから」と明かした。

また、錦戸亮は「トニー・スターク/アイアンマンが出た瞬間、『うわーー!』って。あの最強感。あんな先輩ほしいなってめっちゃ思いました」とアイアンマンに魅了された様子。ほかのメンバーも「出てくるたびにかっこいい」「適度に笑わしてくれる」「スマート」と共感していた。