26日に放送された日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」に出演したシンガーソングライター・タテジマヨーコが自由気ままな性格を披露した。

番組では女優の夏菜、RIKACOとタテジマをゲストに迎え、自由な私生活や性格などについてトークを展開していった。タテジマは”ニートのシンガー”として紹介され、番組MCのフットボールアワー・後藤輝基に”実際にお金はないのか?”と問われると「そうですね。6万円くらい貯金はあります」と答え、スタジオでは笑いが起こった。

さらに、タテジマの妹であり、世界的なダンサーの菅原小春も出演し、姉に対しての不満をぶつけた。小春はショーで使用しようと思っていた新品の靴を玄関に保管していたが、帰宅すると無くなっていたと説明し、「あれ?って思ってたら、裏庭でお姉ちゃん、めっちゃ縄跳びしてて、その靴がドロッドロになってたんですよ」とタテジマの自由な行動を暴露し、共演者と観客から驚愕の悲鳴が上がった。

また、タテジマは「私、お金ないんですけども」と前置きをして、都内から実家まで帰るのに3万5千円をかけてタクシーを利用したと明かした。驚く共演者たちにタクシーを利用した理由を問われると、タテジマは飲み会に行き終電を逃したが、都内に住む参加者たちは全員帰ると言い出したという。タテジマは「『みんな帰んないで』ってすごい土下座までしたけど」と振り返り、全員帰ってしまったのでヤケになりタクシーで千葉まで帰ったと話し、再度、共演者たちの笑いを誘っていた。

菅原は以前密着取材されていたテレビ番組で、「天気も悪いし、最悪。今の私みたい」とコメントしたラジオ番組の収録から2週間連絡が途絶え、後にその時のことを自分のことが分からなくなり、踊れなくなったしまっていたと振り返り、マイルールのひとつとして「”ヤバい”と思ったら逃げる」と語っていた。