中国では最近、ジョギングに付き添ってくれるサービス「陪■員(■は足へんに包、ジョギング付き添い人)」が話題になっている。

写真拡大

中国では最近、ジョギングに付き添ってくれるサービス「陪■員(■は足へんに包、ジョギング付き添い人)」が話題になっている。

上海の外資系企業で働く陳銘さんは、「お金のために『ジョギング付き添い人』をしているのではない。お金は僕にとって重要でない。あれこれ悩みながら誰かのジョギングに付き合って2000〜3000元(約3万3000〜5万円)稼いでいるより、仕事のことを勉強したり、スキルアップをしたりしてるほうがいい」と話す。

「では、なぜ副業で『ジョギング付き添い人』をしているのか?」との質問に、陳さんは「一人でジョギングするのは寂しいから」と答えた。

上海では、陳さんのような「ジョギング付き添い人」が少なくない。料金について、ある「ジョギング付き添い人」は、「料金は第一印象で決める。タダでも別にいい。どっちにしても走るのだから」と話すと、別の女子大生も「付き添うというのは、別の見方をすると、付き添ってもらっていることになる。実質的には、互いに励ましあっている」との見方を示す。

「ジョギング付き添い人」は決して簡単な仕事ではない。問い合わせはたくさんあるものの、実際に交渉が成立することは少ない。問題となるのは「信用」だ。「交渉が成立するかは、相手が信用できる人であり、相手も僕のことを信用できると思ってくれるかにかかっている」と陳さん。

上海閔行区に住む蘇珊さんは固定料金を定めており、最低10キロで、1時間以内に走り終えると100元(約1650円)。1時間を超えた場合は5分ごとに20元(約330円)加算する。ジョギングの前後には5分間ストレッチ運動を教え、初心者の場合、ジョギングしながら、呼吸の仕方やフォームを正してあげるという。「現在、固定客が2〜3人おり、1回に2時間ほど一緒に走る」と蘇さん。

●なぜ一緒に走ってくれる人が必要?

「ジョギング付き添い人」の韓天昊さんは、「やっぱり不精な人が多く、みんな一人だとつまらないと思っている。一緒に走る人がいれば、安心感があり、ジョギングも長続きする。一緒に走る一番の意義は、精神的に励まされること」と話す。

陳さんも、「人はみな怠け癖がある。ジムに行くときはトレーナーが必要で、ゴルフも必ず一緒に行く人が必要である意味がやっと分かった。一人では、何をやってもなかなか長続きしない」と話す。

また、陳さんによると、専門的な知識のために「ジョギング付き添い人」を探す人もいる。そのため、陳さんは、その人の状況に合わせたジョギングプランを考案するという。例えば、まず、走る時のフォームや必要なアイテムなど、ジョギングの基礎知識を伝える。そして、実際に走りながら、その人に合った距離やスピード、練習方法、飲食方法などを伝える。また、けがの予防やけがをした時の治療についても教えるという。

ジョギングのベテランコーチ・王暁剛さんによると、今の「ジョギング付き添い人」は、以前の車運転代行と同じで、まだ業界のルールが制定されていないため、顧客との個人的な約束の範囲で料金や内容などが決まる。その約束は法律によって守られてはいない。

しかし、今後について、王さんは明るい見通しがあると感じている。

「ジョギングをする人なら誰でも、フォームを修正してくれたり、ケガの予防の仕方、練習計画、試合における戦術、栄養補給の仕方、ダイエット、筋トレ、必要なアイテムに関する知識などについて、ちゃんと教えてくれるコーチなどを必要としている。現在、中国国内には国際的な資格を持つジョギングコーチが約1000人いる。2年前、その数は100人にも満たなかった」と王さん。

そして、「中国国内市場ではジョギングコーチのニーズが非常に大きい。そのニーズは今後数年間、驚くほどのペースで高まっていくだろう。巨大なニーズがあるため、『ジョギング付き添い人』業界の発展の見通しは非常に明るい。しかし、業界が発展するにつれ、無秩序な競争や管理不足、資格に権威性や統一性がない、安定しない客の満足感、固定客を見つけるのが難しい、客離れが深刻化するなど、多くの課題も浮かび上がってくるだろう」と指摘している。(提供/人民網日本語版・編集KN)