今年7月27日、民進党の党首辞任を電撃的に発表した蓮舫。その一因となったのは、昨年秋の党首選のときからくすぶっていた「二重国籍」問題だった。ネットを見ると、もっぱらこの件を問題視したのは保守系の識者やネットユーザーであり、彼らのなかには(蓮舫の旧国籍は台湾(中華民国)にあったにもかかわらず)「蓮舫は中国のスパイだ」といった主張を展開する人も多くいた。


7月27日、記者会見で辞任の意向を表明する民進党の蓮舫代表 ©共同通信社

 この「二重国籍」問題については、そもそも同件を「問題」と考えるか否か自体がイデオロギーの踏み絵のようになっていて取り扱いが面倒なため、今回は言及しない。筆者がこの記事で考察してみるのは、蓮舫はそもそも「中国のスパイ」になれるような人材だったのか、という疑問である。

蓮舫の著書『一番じゃなきゃダメですか?』を読んでみよう

 ここで紐解くのが、蓮舫が旧民主党政権下で事業仕分けに携わっていた2010年6月に刊行した著書『一番じゃなきゃダメですか?』(PHP研究所)だ。政治家としての彼女の生き方や政見、華人(台湾人)としてのルーツが垣間見える、現時点でほぼ唯一の書籍である。


 

 同書のなかで、かつて北京への語学留学経験も持つ政治家・蓮舫は中国についても大いに語っている。だが、パッと目を通しただけでもその内容がかなりメチャクチャなのだ。以下、順を追って見ていくことにしよう。

『一番じゃなきゃダメですか?』は全6章からなるが、特に興味深く読めるのは、彼女の生い立ちから結婚・出産までを描いた2章と3章だ。1967年、日本在住の豊かな台湾人バナナ商人の家に生まれたこと、子どもの頃は夏休みのたびに台湾の最高級ホテル・圓山大飯店に2ヶ月ほど滞在する生活を送っていたこと、青山学院大学入学後に300万円のフェアレディZが欲しくなったのでキャンギャルになったこと……と、なかなか庶民離れした話が続く。

 幼少期以降、しばらく中国や台湾についての記述は出てこないのだが、蓮舫が21歳だった1989年6月に「ニュースにがぜん興味を持つようになった」きっかけとなる事件が起こる。すなわち、中国人民解放軍が学生や市民のデモを武力鎮圧した六四天安門事件だ。

天安門事件の発端をよくわかっていないらしい

 では、事件の報道に接して「あ、もっと私は勉強しなきゃいけないなって」思った蓮舫は、中国現代史上で最大級の事件である天安門事件をどのように勉強したか。下記に引用したKindle版『一番じゃなきゃダメですか?』の当該部分と、筆者による黄色マーカーを引いた箇所をご確認いただきたい。


「胡耀邦 世界史B 受験」などで検索すると受験参考書や過去問題の記述が引っかかる。まずまず真面目な高校生なら間違えない程度の知識だ。

 ……1989年の学生デモで名誉回復を求められたのは、「趙紫陽」じゃなくて同年4月に病没した胡耀邦だ。趙紫陽は事件発生までは中国共産党中央委員会の総書記(要するに党組織のトップ)だったので、わざわざ学生から名誉回復を求めてもらわなくても、最初から偉い人である。蓮舫はそもそも事件の発端からしてよくわかっていなかったようだ。

「中国の国軍である人民解放軍」というヤバい記述が……

 また、「中国の国軍である人民解放軍」という記述もヤバい。これは有名な話だが、人民解放軍の位置付けは中国共産党の武装部門(党軍)で、彼らは国家の軍隊ではなく(極端に言えば)党の私兵だ。1989年の天安門事件で人民解放軍が一般市民に平気で銃を向けた理由も、彼らの存在目的が国民を守ることではなくて「党」の防衛にあるからである。


「党の指揮を聴いて敵を打ち倒す」とスローガンが書かれた人民解放軍のプロパガンダ画像。関係ないが、この習近平の写真は修正しすぎである。

 もちろん、中国の指導者の名前や軍隊の性質は、一般人なら知らなくても仕方がない。だが、蓮舫は元ジャーナリストで北京への留学経験もあり、さらに政界入り後は日中友好議員連盟にも所属する「中国通」の政治家だ。しかも、1989年に天安門広場に集まった中国の学生たちと、完全に同世代の華人でもある。そんなバックグラウンドを持つ政治のプロフェッショナル(しかも刊行当時は与党の大臣)が、こんなにユルフワな認識なのはちょっと問題だろう。

 少なくとも、現代中国でもそれなりに高く評価される指導者・胡耀邦の名前を趙紫陽と勘違いしたり、偉大なる人民解放軍の役割を取り違えたりする体たらくの蓮舫が「中国のスパイ」になるには、まだまだずいぶん勉強が必要だろうと思わざるを得ない。

 バブル期にフリーのキャスターに転身して社会派タレントに変わった蓮舫は、1995年に28歳でいったん日本の仕事から離れ、夫とともに北京に語学留学している。「自分ができることは経済や経営の知識でも法律でもない。それに詳しくなるよりも、語学だろう」という動機らしい。だが、その語学がちょっと微妙な感じなのだ。著書を再度引用しよう。


さらっと書いているが、大学の第二外国語で履修した言語なのに数字を10まで数えられないのもどうかと思う。

 ありがとうを意味する謝謝(Xie xie)は、現代の標準中国語では「シェイシェイ」とは発音しない(「シェシェ」に近い)。さらに言えば、謝謝を「シェイシェイ」とカタカナで書く日本人は基本的には中国語がまったくできない人である。日本語ができないアメリカ人が「ありがとう」を表記するのに「Alligator(アリゲーター)」と書いているようなものだ。

1年半も北京に留学したのに挨拶の発音すら怪しい

 台湾の報道映像を見ると、蓮舫はいちおう中国語検定3〜4級レベルぐらいの会話ならできるようにも見えるのだが、なぜ「シェイシェイ」と書いているんだろう。ともかく、現地に1年半も留学したのに挨拶の発音すら怪しい(仮に中検3級レベルでも到達水準としてはかなり微妙である)ようなお寒い語学力の持ち主では、中国のスパイはなかなか務まりそうにない。

■中天新聞》美女參議員「蓮舫」 台南尋根「好感動」
https://www.youtube.com/embed/r8-hRqLLOyM
2013年1月、蓮舫が台湾台南市郊外にある祖父ゆかりの地を訪問したことを報じる台湾『中時電子報』のニュース動画。1:38ごろから蓮舫の中国語が聞けるが、あまり上手ではない。

 中国に留学中の蓮舫はよく、北京大学の近所の食堂を訪れていたという。彼女がしばしば食べていたのは、ジャガイモの細切り炒めと豚肉の唐辛子煮込み、卵チャーハンだったそうだが……。


確かに北京の下町のごはんはおいしい。この一点は蓮舫を支持したい。

 ジャガイモの細切り炒めは「土豆糸」ではなく「土豆絲(炒土豆絲)」である。「糸」と「絲」は漢字の見た目は似ているが別の字だ。また、豚肉の唐辛子煮込みも「水緒肉」ではなく「水煮肉(水煮肉片)」が正解である。

 食堂で毎日のように食べていた中華料理の正確な名前すらもろくに漢字で書けないとは、蓮舫は悠久の歴史を持つ中華民族の文明をなんと心得ているのか。このように自民族の食文化に対するリスペクトに欠けた人物に、中国のスパイは決して務められない。

 ……とまあ、蓮舫の著書は中国についての記述が驚くほど「雑」である。想像するに、おそらく書籍をまとめたライターが中国に全然詳しくなかったことも原因なのだろう(話の中身がポンポン飛んだり、口語的すぎる表現が中途半端に混じっている文体からして、本書は口述筆記で書かれた可能性が高い)。一般の日本人ライターが中国のことを知らないのは当たり前なので、これ自体はまあ仕方ない。

“初の女性総理を目指す政治家・蓮舫”が露呈したツメの甘さ

 むしろ問題視するべきは、蓮舫のツメの甘さだろう。著名人の著書は名刺代わりだ。いわんや『一番じゃなきゃダメですか?』は、将来は初の女性総理を目指すという政治家・蓮舫がその政策姿勢やプロフィールを詳細に記したほぼ唯一の書籍で、支持者はもちろん一般の国民の目にも触れることを目的とした書物である。

 自分の政治家生命が懸かった書籍の刊行に際してすら、(おそらく)ライターに丸投げして自分でゲラの確認すらサボったとおぼしき「雑」な政治家・蓮舫。彼女がかつて仕分けた国家事業や、批判してきた政策というのは、果たして本当に仕分けや批判に値するものだったのか? 

 最近は支持率が急落したものの、自民党一強の現在の日本の政局のなかで、与党の正しき抑え役が期待される野党第一党の党首がこんなに適当で大丈夫なのか――? 蓮舫の著書を一読したとき、私は正直言ってかなり不安な気持ちになってしまったのだった。


「二重国籍」問題の記者会見で記者に配布された資料 ©時事通信社

蓮舫は100パーセント潔白である

 蓮舫は一部の保守派の人々が主張するような「中国のスパイ」では決してない。なぜなら、彼女は中国政府に協力して日本の政治を撹乱できるような知識も語学力も注意深さもまったく持っていない人物だからだ。私は中国分野を専門とするライターとして、蓮舫の「中国のスパイ」デマについては彼女の身が100パーセント潔白であることを声を大にして申し上げたい。

 ……ただし、野党第一党の党首たる資質も政権担当能力も、やっぱりなかったみたいなのだが。

(安田 峰俊)