「七日の王妃」パク・ミニョン、イ・ドンゴンを困惑させる“私に期待しないでください”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「七日の王妃」でバク・ミニョンがイ・ドンゴンのそばに残ることを決めた。

26日午後に放送されたKBS 2TV水木ドラマ「七日の王妃」(脚本:チェ・ジニョン、演出:イ・ジョンソプ) でシン・チェギョン(パク・ミニョン) はイ・ユン(イ・ドンゴン) に「私が一生陛下のそばにいます」と偽りの約束をした。

ユンは一日に何回もチェギョンがいるところに行ってよく過ごしているか確認した。チェギョンはユンに「何かおっしゃりたいのでしょうか? 毎日いらっしゃる理由は何ですか?」とし「もしや大君がこちらに来るのではないか心配されているのでしょうか」と聞いた。

それにユンは「あなたがここに、俺のそばにいることが珍しくて来るのだ。毎日確認しなくてはいられない」と答えた。

しかし、チェギョンはいつも冷静だった。「陛下、私を女性として抱きしめたなら私と大君を結婚させてはいけなかったのです。そしたら私たちは友達、家族になれたはずです」と話した。

それから「御用がないのなら頻繁にいらっしゃらないでください。私の居心地が悪いです。いつか陛下は私を殺しますので。私は陛下に何かがあっても家族だから死にます。死んでも生きてもまともに生きることはできないでしょう。私に期待しないでください」と言い、彼を困惑させた。