27日、中国とインドの国境地帯をめぐる対立が深まる中、インドの有力英字誌「INDIA TODAY」の最新号の表紙に、台湾とチベットのない中国地図が掲載されたことに、中国メディアや中国ネットが怒りの声を上げている。資料写真。

写真拡大

2017年7月27日、米華字メディアの多維新聞によると、中国とインドの国境地帯をめぐる対立が深まる中、インドの有力英字誌「INDIA TODAY」の最新号の表紙に、台湾とチベットのない中国地図が掲載されたことに、中国メディアや中国ネットが怒りの声を上げている。

問題の表紙は「中国の新しいひよこ」のタイトルとともに中国の国土を親鳥、パキスタンの国土をひよこに見立てたもので、中国の国土から台湾とチベットが省かれている。

これについて中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は27日、「何を表現したいのか」「記事の中身は、中国がインドけん制のためにパキスタンを利用しているといった古臭い内容だ」などと批判。中国のネット上でも「世界地図からインドを消し去れ」などの怒りの声が上がっているという。(翻訳・編集/柳川)