謎解きホラールーム(客室)※イメージ/画像提供:オリックス

写真拡大

【ホテル ユニバーサル ポート/女子旅プレス】ユニバーサル・スタジオ・ジャパン・オフィシャルホテルの1つ「ホテル ユニバーサル ポート」に、R15指定の『謎解きホラールーム「Story Zero」〜ウイルスの恐怖〜』が日1室限定で登場する。宿泊期間は2017年9月1日(金)〜12月20日(水)まで。

【さらに写真を見る】怖くて眠れない?R15指定の謎解きホラールームがUSJオフィシャルホテルに登場

◆怖くて眠れない?R15指定の謎解きホラールーム


今回の『謎解きホラールーム「Story Zero」〜ウイルスの恐怖〜』は、今年4月に期間限定で登場した「謎解きルーム 刑事編・探偵編」の続編にあたる、客室内のあちらこちらに隠された数々の謎を解いて事件解決に挑む、「ホラー体験」と「謎解き体験」が同時に楽しめる宿泊プラン。

過去に人体実験が行われ、今は廃墟と化した研究室に宿泊するというストーリー設定のもと、ゲストは謎を解き進めるうちに、おぞましい動画を入手することとなり、その映像に映るヒントを手掛かりにワクチン探索・問題解決に挑む。客室にもホラー要素が含まれるため、滞在しているだけで忍び寄る恐怖を体感することができる。

なお前回の「謎解きルーム 刑事編・探偵編」で生まれた数々の謎の原因も同時に解明されることとなり、謎解き初心者向けはヒントを教えてもらうことも可能。今回、謎をすべて解いたゲストにはプレゼントも用意されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

◆ストーリー


とある製薬会社の研究室では、万病に効く特効薬を作るべく、細胞活性化ウイルスの研究が行われ、博士とその恋人はその研究に携わっていた。ところがある日、恋人が不慮の事故で死んでしまう。悲しみに暮れる博士は、自身の研究が不老不死の体を創り出すウイルスとなり得る可能性に気付く。

人がいなくなった研究室で、毎夜、遺体保管所から恋人の死体を持ち出し、ウイルスを投与する博士。ある日奇跡は起こり、 恋人は動き出した…そして、博士を襲った。それはもう、人間ではなかった。博士が生み出したのは、この世に死をもたらすウイルスと怪物だった。

■ホテル ユニバーサル ポート


住所:大阪市此花区桜島1-1-111ホテル ユニバーサル ポート
電話番号:06-6463-5000
交通アクセス:JRユニバーサルシティ駅より徒歩3分(JR大阪駅からJRユニバーサルシティ駅までは直通電車で12分)

■謎解きホラールーム「Story Zero」〜ウイルスの恐怖〜概要 R15+


期間:2017年 9月1日(金)〜12月 20日(水)
※7月21日(水)よりホテル公式ウェブサイト限定で販売開始
料金:4名1室1名様あたり(朝食付)12,800円〜(税・サ込み)
客数:1室(※本宿泊プランはR15指定のため15歳未満の方は利用不可、謎解きにはスマートフォンかタブレットの利用が必要)

情報:オリックス

【Not Sponsored 記事】