歌舞伎俳優の片岡愛之助が、自身が出演している舞台『DEATH TRAP/デストラップ』を観劇に訪れた友人らとの写真を公開している。

片岡愛之助オフィシャルブログよりスクリーンショット

 まずは、「優香ちゃんが観に来てくれました」として、2014年の舞台『酒と涙とジキルとハイド』で共演した優香との2ショットを公開。積もる話がたくさんあったようで、「マシンガンの様に話をしました」と報告した。

 そして、「アキラ100%さんも、御夫妻で仲良く観に来て下さいました」として、バラエティ番組での共演をきっかけに親交を深めたというお笑い芸人・アキラ100%との2ショットを公開。

 全裸の状態でお盆で股間を隠す、というネタでブレイクしているアキラ100%だけに、着衣姿のショットはレア。ファンからは、「千穐楽、満員御礼おめでとうございます」「お疲れ様でした!」という声のほか、「アキラ100%さん…服着てるとわからない」という声も。

 同舞台は、アメリカ・ブロードウェイを舞台にしたサスペンス・コメディーで、片岡はスランプに陥っている劇作家役。東京・静岡での公演は終了しており、今後は8月1日に愛知で、3日〜6日に兵庫で公演が行われる。

 なお、片岡の妻である女優の藤原紀香もブログを更新し、同舞台の反響に感謝。知人から、同舞台を観劇していた若い女性達が片岡の演技力とたたずまいに魅了され、歌舞伎にも興味を持ち始めていた、という報告を受けたと明かすと、「若い世代からの言葉、、、嬉しいですね。歌舞伎以外の仕事をする際、若い世代の皆さんや、まだ歌舞伎を観たことがない、いろんな世代の方に、歌舞伎に興味をもってもらい、足を運んでいただく、自分はそんなきっかけになれば。といつも主人は話しています。」と片岡の想いについて綴っている。