UUUM公式サイトより

写真拡大

 ユーチューバー(YouTuber)のマネジメント企業 ウーム(UUUM)が、東京証券取引所マザーズ市場に上場することが決定した。7月27日に承認が下りたことが発表され、上場予定日は8月30日。
 同社は、業界初のユーチューバーマネジメント企業として2013年6月に設立。ヒカキン(HIKAKIN)やはじめしゃちょー、佐々木あさひをはじめとする4,300以上のYouTubeチャンネルをマネジメントするほか、インフルエンサーマーケティング事業やゲーム、メディア事業を運営している。2018年5月期の業績予想は、売上高が89億7,900万円(前期比28.6%増)、営業利益は4億円(11.6%増)。
 鎌田和樹社長は「引き続き『セカイにコドモゴコロを』という企業理念のもと、今までにない楽しみをコドモゴコロある発想で生み出し、人々に『新しい体験』を提供してまいります」とコメントしている。