錦織圭の彼女モデルのセレブ生活に「加藤茶の嫁と同じ匂い」の声

写真拡大

 テニスプレーヤーの錦織圭と交際中のモデル・観月あこのセレブな私生活を、発売中の「女性自身」が報じている。

 同誌では錦織と交際後、仕事らしい仕事を一切していないにも関わらず、70万円相当の高級ブランドバッグを購入したり、友人4〜5人を引き連れて築地の高級寿司店を訪れ、10万円超の会計をブラックカードで払ったりと、錦織頼みの豪勢な毎日を送っていることを紹介。

「献身的に錦織をサポートしている様子やそういったエピソードは報じられていませんが、これだけの生活を送れているわけですから観月としても錦織を逃したくないところでしょう。帰国中には1泊20万円の高級ホテルのスイートに錦織と連泊していたというから、誰でも憧れますよね。ただ、それでも錦織の成績が安定しているのであれば何も言うことはありませんが、このところ調子は下降気味。むしろ、彼女が同行しなかったリオ五輪で錦織が銅メダルを獲得しています」(エンタメ誌ライター)

 そのため、ネット上でも「なんで錦織はこの娘と別れないの?」「どこに魅力を感じるのか理解できない」「加藤茶の嫁と同じ匂いがする」「テニス生命に響く」と言われたい放題だ。

 錦織は過去に、フジテレビの山崎夕貴アナから電話番号を聞かれるも断ったエピソードが話題になったが、不安定な若手芸人に裏切られても見放さない庶民的な山崎アナぐらい無欲な女性の方が、錦織ファンとしては見ていて安心しそうだ。

(田中康)